2019年 12月 11日 (水)

沢尻逮捕で「MDMA映像」報道相次ぐ 伊集院光「まるでカタログのよう」

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「今度のMDMA?すっげえ映すね。まるでカタログのようだよ」

   俳優の沢尻エリカ容疑者(33)が、合成麻薬のMDMAを所持していた疑いで逮捕された事件で、タレントの伊集院光さん(53)がメディアに疑問を投げかけた。元タレントが薬物事件を起こした際とは異なる報道姿勢だったという。

  • 沢尻エリカ容疑者(13年撮影)
    沢尻エリカ容疑者(13年撮影)
  • 薬物報道ガイドライン(NPO法人アスク公式サイトより
    薬物報道ガイドライン(NPO法人アスク公式サイトより

「まるでカタログ」と皮肉

   伊集院さんは2019年11月17日のツイートで、元タレント・田代まさし容疑者(63)が覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕された事件に触れ、「覚醒剤関連の事件の際にニュースに覚醒剤や注射器の映像を映すことで止めようとしている人に悪い影響があるというの件が、テレビ業界に浸透したんだなと思った」(原文ママ)とした。

   依存症の治療や回復にあたる関係団体と専門家が作成した「薬物報道ガイドライン」では、報道が欲求を刺激して再発のきっかけになるため、

・「白い粉」や「注射器」といったイメージカットを用いないこと
・薬物への興味を煽る結果になるような報道を行わないこと

などを避けるべき点に挙げている。

   伊集院さんはこれを念頭に置いたとみられる。田代容疑者の事件では、報道に変化を感じていたようだ。

   しかし今回の沢尻容疑者の事件では、旧態依然とした報道が少なくないようだ。伊集院さんは「テレビ業界に浸透したんだなと思ったが、今度のMDMA?すっげえ映すね。まるでカタログのようだよ」と皮肉を書き込む。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中