2019年 12月 14日 (土)

あの前川喜平氏からも飛び出す「未確認情報」 ホテルニューオータニに改めて聞くと...

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   「桜を見る会」前日に行われた安倍晋三後援会の夕食会について、本当に5000円という会費だったのかとの疑惑が解消されないままになっている。

   倍額以上で受注したとの未確認情報も出ており、ホテルニューオータニの広報担当者に情報の真偽などを聞いた。

  • 立食プランは1万1000円からとうたうが、ホテル側は「対象人数が20~150人」と説明(公式サイトから)
    立食プランは1万1000円からとうたうが、ホテル側は「対象人数が20~150人」と説明(公式サイトから)

前川氏は「情報源から求められた」と投稿削除

   疑惑が消えないのは、ニューオータニがサイト上などで、立食のパーティープランでも1万1000円からとうたっているからだ。

   5000円はありえないとの声が多いが、安倍首相は、夕食会参加者約850人の大多数がニューオータニの宿泊者であることから、ホテルが配慮したと国会で答弁した。安倍事務所が差額を負担したとすると公選法違反(寄付行為)に当たる可能性があるが、あくまでも、参加者が費用を自己負担したとのスタンスだ。

   そんな中で、元文科省事務次官の前川喜平氏が2019年11月20日、「知人がニューオータニ関係者から聞いた話」として、ツイッター上で5000円を巡る情報を流した。

   それによると、夕食会の費用は、倍額以上で受注しており、証拠となる見積書が残されているという。さらに、官邸関係者が15日に「5000円で受注することもある」との話をメディアにするようにホテルに圧力をかけたともいう。前川氏は、あくまでも伝聞情報であり、真偽不明だとしている。

   これらのツイートは、次々にリツイートされて、投稿の是非を含めて反響を呼んだ。ただ、前川氏は、情報源から求められたとして、その後ツイートを削除している。

   前川氏のツイート内容は、どの程度の真実味がある話なのだろうか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中