2019年 12月 14日 (土)

「まさかライバル球団から...」 巨人フロント、ヒンシュク買った異例の「マナー違反」

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   巨人・大塚淳弘球団副代表編成担当(60)の発言が波紋を広げている。

   大塚球団副代表は2019年11月25日、中日ジョエリー・ロドリゲス投手(28)と阪神ピアース・ジョンソン投手(28)の去就について言及した。スポーツ各紙が26日、一斉に報じた。報道によると、大塚球団副代表がロドリゲス、ジョンソンともにMLBに行く可能性に触れたという。この発言にプロ野球関係者をはじめとし、ネット上の野球ファンから批判が殺到している。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

中日、阪神は困惑していると...

   大塚球団副代表の発言は、中日、阪神の球団関係者らにも衝撃を与えたようだ。在阪球団の関係者は「交渉が最終局面を迎えているこの時期に、まさかライバル球団から自分の球団の選手の情報が洩れるとは思ってもないでしょう。ただでさえ外国人選手の交渉は難しいもの。たとえ巨人が情報をつかんでいたとしても、メディアの前で発言するのはマナー違反。中日と阪神は困惑していると思いますよ」と指摘する。

   ロドリゲス、ジョンソンともに11月までそれぞれの球団に独占交渉権があり、残留交渉を続けてきた。ロドリゲスは当初からMLBの複数球団が興味を示しており、国内の複数球団もその去就に注目していた。一方のジョンソンに関しては阪神が残留に向けて粘り強く交渉を行ってきた。日本野球機構(NPB)に提出する保留者名簿の期限が今月末に迫っているなか、独占交渉権をもたない他球団が外国人選手の去就に言及するのは異例のことだ。

   ネット上では大塚副代表の発言についてプロ野球ファンは不信感を露わにし、G党からも批判の声が上がっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中