2019年 12月 14日 (土)

「もう行かなきゃざいまばにでま」アマプラ配信の「地中海殺人事件」などで意味不明な字幕 広報の見解は?

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   アマゾンプライムで配信されている一部映画で、日本語として意味をなしていない、不自然な字幕がつけられている作品があるという指摘が相次いでいる。

   報告が上がっているのは、「地中海殺人事件」(1982年、イギリス)など複数の洋画における日本語字幕表記だ。

  • 地中海殺人事件を紹介するアマゾン側のサイトより。「ヘラクレス・ポアロ」となっている。
    地中海殺人事件を紹介するアマゾン側のサイトより。「ヘラクレス・ポアロ」となっている。

「まだビ〕ビンしてる」「チヨ〕切られてるつてのに!」

   ツイッター上では、11月15日19時ごろ、ユーザーが「地中海殺人事件」の字幕表記を指摘するツイートを投稿。複数のツイートによると、「その通りのちょっ」「最後になっちゃたわナ 何」「もう行かなきゃざいまばにでま」「シャワーがあるだけいいわねばねえ枯れ知らず」などの表記になっていた。ほかにも、「お早う いい知らせは?みたいに」「4ケ月も手間取ってる?みたいに」「ああ そうだねーンと宜」などの字幕があるという。

   また、作品紹介ページでは、「エルキュール・ポアロ」とすべきところを、「ヘラクレス・ポアロ」と記載しているとみられる箇所も確認できる。同作品の字幕版は現在、視聴ができない状態だ。カスタマーレビューでも、少なくとも2018年3月から、字幕への批判が書き込みされているのが確認できる。レビューには、「まったく意味不明」、「プライム対象になって大喜びしたのに、皆さんの意見通り日本語字幕きちんとしてください」、「字幕がYouTubeの自動翻訳」、「日本語字幕が酷すぎ」といった声が寄せられている。

   ほかの作品でも、不適切な字幕表記が確認できた。J-CASTニュース記者が見ただけでも、「The Dead Next Door」(1989年、アメリカ。邦題は、「新・死霊のはらわた」)で、「まだビ〕ビンしてる」「チヨ〕切られてるつてのに!」など、明らかに不適切な字幕表記を確認。「地獄の黙示録・特別完全版(字幕版)」でも一部分のシーンで数字が表示されない所があった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中