2019年 12月 10日 (火)

アンタッチャブルが復活漫才 M-1で最高点記録、芸人仲間も大興奮

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   2004年にM-1グランプリで優勝したお笑いコンビ「アンタッチャブル」が、約10年ぶりに漫才を披露した。

   19年11月29日放送のバラエティー番組「全力!脱力タイムズ」(フジテレビ系)で放送された。実力派コンビの漫才復活に、ファンだけでなく芸人たちも沸いている。

  • アンタッチャブルは2004年にM-1グランプリで優勝(画像はM-1グランプリ公式サイトより)
    アンタッチャブルは2004年にM-1グランプリで優勝(画像はM-1グランプリ公式サイトより)

小手伸也からの「ザキヤマ」本人登場

   29日の放送回には、アンタッチャブルの柴田英嗣さんと、女優・モデルの新木優子さんがスタジオゲストとして登場した。

   番組終盤、新木さんが好きな芸人としてアンタッチャブルを挙げ、

「最近漫才を見る機会が少なくなって残念。せっかくだから見たい」

   と、漫才を披露する流れに。何かを察した柴田さんは「怖い怖い」と警戒した。というのも、過去にもこうした流れでバービーさん、ハリウッドザコシショウさん、コウメ太夫さんらと即席コンビで漫才を披露してきたからだ。

   そんななかで登場したのは、相方の山崎弘也さんに扮した俳優の小手伸也さんだ。2人で漫才を始めるも、途中でくりぃむしちゅーの有田哲平さんからのダメ出しを受け、小手さんがいったんステージから退出。もう一度漫才をやり直すことになり、小手さんが再登場するように見えたが、実際に登場したのは本物の山崎さんだった。

   これには柴田さんも驚きを隠せない様子。小手さんのときと同様、M-1でお馴染みの音楽が流れ、ファストフード店の漫才を約4分間披露した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中