2020年 1月 30日 (木)

幻に終わった井上との王座統一戦... 元PFP1位ロマゴンは再び輝きを取り戻せるのか

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   元世界4階級制覇のローマン・ゴンザレス(32)=ニカラグア=が日本のリングで復活する。2019年12月23日に横浜アリーナで行われるWBA世界ミドル級タイトル戦の前座に出場する。ディオネル・ディオコス(26)=フィリピン=と対戦し、契約体重の8回戦で行われる。ゴンザレスが日本のリングに上がるのは、2014年11月以来、約5年ぶりとなる。

   アマチュアで87戦無敗を誇り、2005年のプロデビュー以来、無敗のままミニマム級、ライトフライ級、フライ級、スーパーフライ級の4階級を制したゴンザレス。2015年には世界的に権威ある米国の専門誌「リング誌」が格付けするパウンド・フォー・パウンド(PFP)で重量級選手を押しのけて1位の座を獲得。世界最強の称号を手に入れた。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

強打だけでなく世界最高峰の技術も

   ゴンザレスは日本のボクシングファンから「ロマゴン」の愛称で親しまれ、なじみ深い選手だ。2008年9月、WBA世界ミニマム級王者・新井田豊に挑戦し、4回TKOでベルトを奪取。最軽量級のボクサーとは思えないほどの重く、力強いパンチは日本のファンの度肝を抜いた。以降、高山勝成、八重樫東らとグローブを交え、いずれも勝利を収めている。

   ボクシングセンスの塊といわれるゴンザレスは強打だけではなく、世界最高峰の技術を持ち合わせる。アッパー、ボディーから顔面に流れるように繰り出されるコンビネーションは、相手の急所を的確にとらえる。中米ボクサー特有の重く、硬いパンチに加え高い技術を持つゴンザレスはまさに敵なしの状態だった。

   プロ、アマ通じて無敗を誇るゴンザレスと井上尚弥(26)=大橋=。2人のモンスターは同時期に異なる団体の同級王者として君臨し、2017年の年末に王座統一戦のプランが浮上していた。実現すれば世界中の注目が集まるメガファイトになったであろう一戦は、ゴンザレスの初黒星によって白紙となった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中