2020年 7月 6日 (月)

令和最初の「今年の漢字」は? J-CAST記者たちの予想は「一」「疲」「嵐」「桜」...

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   年末恒例イベントとなっている「今年の漢字」。毎年12月12日、京都・清水寺の舞台で揮毫(きごう=文字や書画を書くこと)により発表されるが、令和元年となった今年はどんな字が選ばれるのか? J-CASTニュース記者たちが予想してみた。

  • 2018年は、19万3214票の中から、2万858票を集めた「災」に決定した(公益財団法人・日本漢字能力検定協会より)
    2018年は、19万3214票の中から、2万858票を集めた「災」に決定した(公益財団法人・日本漢字能力検定協会より)
  • 2018年は、19万3214票の中から、2万858票を集めた「災」に決定した(公益財団法人・日本漢字能力検定協会より)

今年入社の1年生たちは...

   「今年の漢字」は、公益財団法人・日本漢字能力検定協会が「その年の世相を表す『漢字一字』」を募集したことに端を発する。1995年より開催され、2019年で25回目。もはや「年末の風物詩」と言っても過言ではない。

   ところで、漢字と言えば我々、ネットニュース記者も毎日のように扱っている。そこで、今年ジェイ・キャストに入社した1年生編集部記者を中心に「今年の漢字」を予想してもらった。

   まず20代のS記者(男性)は、「一」を選んだ。理由としては、

「令和1年(元年)であること。東京五輪の1年前であること。ラグビー代表が『ONE TEAM』となって活躍したこと。『一律』ではない消費税率が生活に混乱をきしたこと」

   これは、いきなり大本命かもしれない。確かに新元号になったこと、ラグビー日本代表の「ONE TEAM」は流行語大賞にも選ばれている。

   続いて、20代のI記者(男性)は「疲」を推した。

「個人的ですが、あれだけ遊んで暮らせた大学を卒業し、社会の荒波に揉まれ現在進行形で疲労がたまっています...。1年を振り返ってみると、各地で地震や豪雨などによる災害が相次ぎ、気『疲』れしたイメージが...」

   確かに、今年も台風の被害が各地で発生した。被災者の皆さまには、心よりお見舞いを申し上げたい。しかし理由が、ちょっと個人的すぎやしないか?

   3人目は中国出身20代のT記者(女性)。日本語もペラペラで、嵐の櫻井翔さんが大好き。記者も一緒に取材に行ったこともあるが、そんなT記者が選んだのは、そのまんま「嵐」だった。

「今年日本は台風15号や台風19号、何回も台風に直撃され、大きな被害に遭いました。また、アイドルグループ『嵐』の活動休止も発表され、色んな意味で『嵐』にまつわる出来事が多い1年という感じです」

   また20代女性のM記者も、同じく「嵐」だと追随する。

「『嵐』が活動休止を発表したことは、今年1番の芸能ニュースではないかと思います。SNSを解禁したり、二宮さんが結婚したり、1年を通して何かと話題だったな、と」

   なるほど...。「合わせ技一本」といった感じかもしれない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中