2020年 11月 29日 (日)

国民・玉木代表、「永田町の数あわせ」批判を懸念 野党年内合流論に「まずは意見集約」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   立憲民主党を中心に早期の野党合流を求める声が上がるなか、国民民主党の玉木雄一郎代表は2019年12月12日の定例会見で、期限を切った形での合流には改めて否定的な考えを示した。

   「まずはそれぞれ党内で丁寧な議論を行って、意見を集約することが大事」などとした上で、「党名、政策、人事、組織」についての十分な協議が必要だとして、引き続き「対等な立場」での協議を求めた。合流の目的がきちんと国民に示されなければ、「結局『永田町の中の数あわせ』という批判を免れない」とも述べた。

  • 定例記者会見に臨む国民民主党の玉木雄一郎代表
    定例記者会見に臨む国民民主党の玉木雄一郎代表
  • 定例記者会見に臨む国民民主党の玉木雄一郎代表

枝野氏は「文章に『合流』という日本語は含まれていない」と主張するが...

   合流は立憲の枝野幸男代表が12月6日、同じ会派を組んでいる国民・玉木氏、社民党の又市征治党首、無所属の野田佳彦前首相らと会談して呼びかけた。この日枝野氏が出した文章は「立憲民主党とともに闘っていただけるようお呼びかけいたします」というもので、枝野氏は会見で「文章に『合流』という日本語は含まれていない」としている。ただ、玉木氏は記者会見で「枝野代表から政党の合流についての呼びかけがあったので」と発言しており、「合流」の呼びかけだと認識していることが分かる。

   立憲の福山哲郎幹事長が合流について「早い方がいいに決まっている」と発言するなど、年内合意を求める声も多いが、玉木氏は「現時点では未定」だとしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中