2020年 10月 27日 (火)

長嶋一茂「ファン0人」説を検証 J-CASTが捜索すると...→ちゃんと実在した!

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

   元プロ野球選手でタレントの長嶋一茂さんが、2019年12月6日放送の「ザワつく!金曜日」(テレビ朝日系)で行った発言が視聴者の間で話題だ。

   なんと、自分のファンはこの世に「いないんじゃないか」と語ったのである。元プロ野球選手として、そして今ではタレントとして活躍する一茂さんに、本当にファンはいないのか――J-CASTニュース編集部がその真相を探った。

  • 長嶋一茂さん(2019年撮影)
    長嶋一茂さん(2019年撮影)
  • 長嶋一茂さん(2019年撮影)

「俺のファンだって人に会ったことない」

   この日の「ザワつく!金曜日」ではスタジオ内で、ファンレターの取り扱いをどうしているかが話題に。その際、レギュラー出演する一茂さんの発言が、何とも寂しいものだった。

   番組司会を務める「サバンナ」の高橋茂雄さんから、「(現役時代は)ファンレター、すごかったんじゃないですか?」と聞かれた一茂さん。プロ野球選手として大注目されていた一茂さんだけに自慢話が始まるかと思いきや、一茂さんは浮かない表情で「いや、実はね、そうでもなかったんだよね、俺」と出演者たちの予想を否定。加え、「俺のファンって、たぶんいないんじゃない?」「53年間生きてきてるけど、俺のファンだって人に会ったことない」と、自らの人生についての暴露話を始めた。

   さらに、ファンレターについては、「来たことがない」とまさかの回答。これらの話を聞いていた高橋さんはもちろん、レギュラー出演者の石原良純さんと高嶋ちさ子さんも、予想を裏切る一茂さんの言葉に対し、半信半疑という表情をしつつ、一茂さんをイジるなどしていた。

ツイッター上でプロフィール欄を調べると...

   番組中ではしきりに残念そうな表情をしていた一茂さん。しかし、プロ野球選手としてはあの長嶋茂雄氏(巨人終身名誉監督)の息子として脚光を浴びた存在であり、芸能界転身後も幅広く活躍、最近では「2世タレント」枠の代表格として、改めて人気を集めている。その一茂さんにファンが1人もいないというのは本当だろうか。

   さっそく、ツイッターのプロフィール欄を検索できるサービス「ツイプロ」を使って、一茂ファンを捜索してみた。有名人のファンは、よくツイッターのプロフィール欄に自分の「推し」の名前を書いているからだ。たとえば、2019年版「タレントパワーランキング」(日経エンタテインメント!)で急上昇1位の米津玄師さんなら、約6万7000件がヒットする。

   では、対する「長嶋一茂」の検索結果は――42件。しかもそのうち1つは「ザワつく!金曜日」の公式アカウントで、残る半分近くは発言がほとんどないスパムだ。

   とはいえ、中にはちゃんと「ファン」として、一茂さんの名前を挙げているアカウントも存在する。さっそく、J-CASTニュースでは、これらのユーザーに話を聞いてみた。

「誰かを傷つけるようなことをしないところが素敵」

   一茂さんのファンであることをプロフィール欄で公言している「mechifura」さんというアカウント。一茂さんのファンになったのはここ2、3年というmechifuraさんは、一茂さんの魅力について、

「最初は顔が好きになって、その後ご自分が知らないことに対して積極的に知ろうとするところや、誰かを傷つけるようなことをしないところがとても素敵だと思いました」

と回答。自身の周囲に一茂さんのファンはいないとした上で、「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)は、一茂さんが出演していることを理由によく見ているという。また、一茂さんは長嶋茂雄氏の息子として有名だが、そのことについては、

「確執がある、親が茂雄さんじゃなければよかった、親の七光りだった。などと親世代は言いますが、茂雄さんの息子として野球の道を進んだからこそ、いまの優しい一茂さんになれたのだと思うので、苦労は多かったと思いますが、あたしとしては、茂雄さんの息子さんでよかったのだな。と思います」

と回答した。

一茂さんはファンレターを受け取っていた!?

   さらに捜索を進めると、「コレは無いやろ中1の時ファンレター直接渡したがな」とツイートしている「元ファン」も発見した。このユーザーは、一茂さんのファンはかなり前にやめたとしつつ、

「ファンレターを渡したのは、確か32-33年前で、当時ヤクルトスワローズにいらっしゃった時で、毎週の様に神宮に通ってましたから、何度もファンレターやギフト渡しましたよ。
当時は私も中学生の純粋な野球ファンでしたから、長嶋茂雄の息子さんということで家族皆んなで応援してました」

と、ファンレターを渡したことがあると証言。加え、現役引退後については、

「あ、芸能界で頑張ってるんだ、ふーんって感じに思ってましたが、流石に今回の発言で、ガッカリだよー と言った感じですね」

と、失望感をあらわにした。加えて、

「中学生時代の良い思い出だったのですが....今回の発言で、その良い思い出を一茂さんに壊されたという怒りで一杯です」

と、抑えきれない気持ちを明かしてくれた。この方の証言が正しいとするなら、一茂さんはファンレターを受け取ったことを忘れてしまっているということになる......。

   一茂さん、ファンの皆さんの声、どうか受け取ってください。

(J-CASTニュ-ス編集部 坂下朋永)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中