2020年 10月 26日 (月)

グレタさん「床座り写真」で注目 ドイツ鉄道「ファーストクラス」はどんなサービス?

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   スウェーデンの環境保護活動家のグレタ・トゥーンベリさん(16)がCOP25からの帰路のツイッターでの投稿をきっかけに、ドイツ鉄道(DB)のアカウントとちょっとした「舌戦」になった。

   スペイン・マドリードで行われた国連気候変動枠組条約第25回締約国会議(COP25)からスウェーデンへの帰途でも鉄道を利用したグレタさんだが、途中ドイツ国内での移動の様子から、DBとの騒動が発生した。

  • 欧州各国では環境意識から鉄道シフトに積極的だが、肝心の定時性は?(写真はイメージ)
    欧州各国では環境意識から鉄道シフトに積極的だが、肝心の定時性は?(写真はイメージ)
  • 欧州各国では環境意識から鉄道シフトに積極的だが、肝心の定時性は?(写真はイメージ)

途中から「座れるようになった」

   2019年12月15日、COP25からスウェーデンに帰国するグレタさんは、ドイツ鉄道(DB)の車内で床に座っている写真とツィッターに投稿、ドイツの列車はとても混雑していたとツイートした。するとDBのツイッターアカウントは同日、「親愛なるグレタさん、気候変動と闘う鉄道労働者を支援してくれて感謝します。ICE74列車を利用してくれてありがとう」「ファーストクラスの席で、クルーがあなたにどれだけ親切に接してくれたかに触れてくれれば、さらによかったでしょう(編集部訳)」と投稿。さらにDBのサイト上で、カッセルからハンブルクまで座っていたと明かした。このやりとりを見ていたツイッターユーザーからは、実はグレタさんはファーストクラスに乗車していて、床に座っていた写真はパフォーマンスではないか、という批判が生じた。

   ところが、グレタさん側はこれに対して同日、スイスのバーゼルからの列車が運休になり、2本の列車を乗り継がねばならず、その車内では床に座らざるを得なかったと反論した。そしてゲッティンゲンから座れるようになったとツイートしている。

   ICE74という列車は、本来はスイスのチューリヒからドイツのキールまで向かう列車だった。途中バーゼル、フライブルク、バーデンバーデン、カールスルーエ、マンハイム、フランクフルト、カッセル、ゲッティンゲン、ハノーファー、ハンブルク、ノイミュンスター、キールと停車する。グレダさんはこの列車にフランクフルトから乗り、ゲッティンゲンから座ったと主張しているが、DBはカッセル~ハンブルク間でファーストクラスにいたと説明しており、主張が食い違っている。

   他方、グレタさんは釈明ツイートの最後に「列車が混雑しているのは鉄道移動のニーズが高い証拠」とツイートし、DBも「ドイツ鉄道は、(グレタさんの)気候変動との闘いにおける支援に心から感謝します」とサイトで表明している(いずれも編集部訳)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中