2020年 12月 2日 (水)

井上VSドネア戦はなぜ世界で評価されたのか 米・英メディアで年間最高試合「3冠」

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   「モンスター」井上尚弥(26)=大橋=が新たな「勲章」を手に入れた。

   米スポーツ専門局「ESPN」が2019年12月26日、ボクシングの2019年度の年間最高試合に井上尚弥VSノニト・ドネア(フィリピン)戦を選んだ。同試合は11月7日にワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝戦として行われ、井上が判定でドネアを下しWBA王座統一とIBF王座の防衛に成功した。

  • 井上尚弥(2016年撮影)
    井上尚弥(2016年撮影)
  • 井上尚弥(2016年撮影)

PFP1位アルバレスを上回る高評価

   世界中が注目した「11・7決戦」。その期待を裏切らなかった両雄に「ESPN」が最大の評価を与えた。井上VSドネア戦は、試合直後から世界中のメディアで絶賛され、米国の歴史ある専門誌「ザ・リング」、英国の専門誌「ボクシングニュース」でも年間最高試合に選出された。日本が誇る「モンスター」とフィリピンのレジェンドの一戦は、世界が認めた伝説の名勝負となった。

   現在、ボクシング界で人気、実力ともに世界のトップに君臨するのがサウル・アルバレス(メキシコ)だ。「ザ・リング」のパウンド・フォー・パウンド(PFP)でもトップに立ち、ファイトマネーは現役選手の中で群を抜いている。今年5月にはミドル級のベルトを統一し、11月にはライトヘビー級の王座を獲得。2試合とも十分、偉業に見合うものだが、世界の評価は井上VSドネア戦が上回った。

   なぜ井上VSドネア戦がそれほどまでに世界の専門家の心を引き付けたのだろうか。改めて「11・7決戦」を振り返ってみたい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中