2020年 8月 6日 (木)

エイベックス松浦勝人氏、2019年は「会社としては最悪」も「強くなれた」 クリエイティブへの信念吐露

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

   エイベックスの松浦勝人会長が2019年12月28日、ツイッターで「年末にひとこと」として、今年一年を振り返っての心境を投稿した。

   ツイッター上で長文を投稿できるサービス「TwitLonger」を通じて投稿したもので、およそ600文字強にわたって思いをつづっている。

  • エイベックスと自身の今年を振り返った(Kakidaiさん撮影、Wikimedia Commonsより)
    エイベックスと自身の今年を振り返った(Kakidaiさん撮影、Wikimedia Commonsより)
  • エイベックスと自身の今年を振り返った(Kakidaiさん撮影、Wikimedia Commonsより)

「それはこれから僕らが、この世界で生きていくには...」

   この文章の中で、2019年を松浦さんは、「会社としては最悪な年だったのかな」としつつ、

「でも、僕個人としては、より自分が強くなれた年だったと確信している。色々な酷いことがあった年だった。でも、それはこれから僕らが、この世界で生きていくには、必要なことであったのではと、どこかで思っている」

   と回顧する。

   2019年、エイベックスでは所属する女優の沢尻エリカさんの薬物問題での逮捕など、所属タレントの不祥事がいくつか報じられた。また松浦さん自身も、歌手・浜崎あゆみさんの自伝的小説『M 愛すべき人がいて』で、2人の過去の恋愛が明かされるなど、世間の注目を集めた一年となった。こうした出来事、特に沢尻さんの逮捕などを念頭においてか、

「反論したい人はすればいい。僕らは普通の世界で生きているとは思っていない。そんな普通の世界でエンタテインメントなんて出来るわけがない。だから今の厳しく矛盾した世の中と闘っている」

   と前置きして、ビートルズやアップル共同創業者の故スティーブ・ジョブズ氏、マイクロソフト共同創業者のビル・ゲイツ氏といった人々にも薬物の使用歴があり、またこうした体験から「リボルバーというアルバム」や「仕事のアイデア」を生み出したと説明(文章の末尾には、こうした逸話を紹介するメディア記事へのURLが張られている)。

「何もそういうことを今時しろと言っているわけではない。イノベーションはそういう中から産まれてきたことを否定はしないというだけだ。そういう中から、人々の気持ちの中に永遠に残るエンタテインメントの世界が産まれたことを誰も否定出来ないということが言いたいだけだ」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中