2020年 10月 1日 (木)

紅白は「Jr.らしくバーッと派手に」 SixTONESとSnow Man、ジャニーさん追悼ステージに気合

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   ジャニーズJr.内のグループ「SixTONES(ストーンズ)」と「Snow Man(スノーマン)」が2019年12月29日、大みそかに放送予定の「第70回NHK紅白歌合戦」リハーサルに登場した。

   2020年1月の同時デビューが決まっている両グループは、ジャニーズJr.のメンバー総勢60人以上でのスペシャルパフォーマンスでセンターに立ち、デビューに弾みをつけた。

  • 会見に応じたSnow Manの9人(前列手前から5人目、後列手前から4人目まで)とSixTONESの6人
    会見に応じたSnow Manの9人(前列手前から5人目、後列手前から4人目まで)とSixTONESの6人
  • 会見に応じたSnow Manの9人(前列手前から5人目、後列手前から4人目まで)とSixTONESの6人

追悼企画も「バーッと派手に」

   ジャニーズJr.によるステージ「Let's Go to 2020 Tokyo」は、19年7月に死去したジャニーズ事務所元社長のジャニー喜多川氏の追悼企画でもある。ジャニーズの舞台で歌われてきた「LET'S GO TO EARTH」「Let's Go to Tokyo」が披露される予定で、2020年の東京五輪を楽しみにしていたジャニー氏の思いが込められているという。

   両グループのメンバー15人はリハーサルのステージでメインボーカルを務め、リハーサル後の会見ではSnow Manの岩本照さんが、

「社長の思いを背負いながらステージに立たせてもらうっていうのは、挑ませてもらうっていう気持ちと感謝の気持ちが入り乱れて」
「自分たちがステージ上楽しく笑顔でパフォーマンスさせてもらうことが、社長への一番への恩返しだし、未来のJr.たちへのバトンにつながるのかなと思って、1回だけのステージを社長の思いとともに立たせてもらうだけです」

と、身が引き締まる思いを語り、ステージについてはSixTONESのジェシーさんが、

「ジャニーズJr.らしくバーッと派手に、未来に向かって、新しい時代を作る気持ちで」

と意気込みを述べた。31日の本番では7番目のアーティストとして出演する予定だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中