2020年 4月 6日 (月)

あの唐澤弁護士、なぜか「ゲーム実況」に挑戦 「初笑いしてしまった」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   ネット上で苛烈な嫌がらせを受け続けていることで知られる、唐澤貴洋弁護士が2020年1月1日、自身のYouTubeチャンネルに突如として「ゲーム実況」動画を投稿した。掲示板やツイッターなどでは、笑いと戸惑いが広がっている。

   「今日はですね、私もちょっと、息抜きをしようかと思いまして......」――そんな前置きとともに始まるのは、「あけましておめでとうございます スーパーマリオメーカー2に挑戦【唐澤貴洋のゲーム実況】」なるタイトルの動画だ。

  • 唐澤貴洋弁護士のYouTubeチャンネルより
    唐澤貴洋弁護士のYouTubeチャンネルより

「ゲーム、不慣れなので、恥ずかしいプレーだと」

   唐澤弁護士といえば、2ちゃんねる(5ちゃんねる)である投稿者の削除依頼に関わったことをきっかけに、一部ネット民のターゲットにされてしまい、以来「100万回の殺害予告」をはじめとする嫌がらせを受け続けていることで知られる。近年では著書『炎上弁護士』(2018年、日本実業出版社)を刊行し、メディアにも積極的に出演するなど、積極的な情報発信を展開中だ。

   そんな唐澤弁護士は2019年8月に公式YouTubeチャンネルを立ち上げ、主に法律知識に関する動画を投稿してきた。10月を最後に、2カ月ほど更新は途絶えていたのだが、2020年の年明けとほぼ同時に公開されたのが、なぜか上記のような「ゲーム実況」だった。

   動画は20分。「スーパーマリオブラザーズ」のステージを作成・挑戦できる人気ゲーム「マリオメーカー2」に唐澤弁護士が「息抜き」として挑むもの。笑顔の唐澤弁護士に、「唐澤貴洋のゲーム実況」のロゴが重なる、凝ったタイトル画面まで用意されている。

「ゲーム、不慣れなので、恥ずかしいプレーだと思うんですけど、はい」

   本人もそう語るとおり、必ずしもその操作はうまいとは言えない。近づくと落下する「つらら」や、滑りやすい床などが配置されたステージであるとはいえ、唐澤弁護士、何度も同じ個所で敵に突っ込んだり、崖に落ちたり、つららに当たったりして、あっさり絶命してしまう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中