2020年 11月 30日 (月)

笑ってはいけない「マンネリ脱した」と好評 新しい地図、闇営業パロ、新企画など「攻め」目立つ

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

「スッキリパロディ最高だった!」

   2019年の吉本興業と言えば、宮迫博之さん(49)らによる反社会勢力の会合での闇営業問題が会社を大きく揺るがせたが、「笑ってはいけない」はずのこれらの要素も、番組では笑いに昇華されていた。

   番組中盤では、ロバート・キャンベルさん(63)とモーリー・ロバートソンさん(56)というワイドショーの常連2人が宮迫さんと田村亮さん(47)の記者会見を、学校の全校集会のテイストのVTRで再現。また、このVTRを5人と共に見ていた加藤浩次さん(50)は、自身が出演する「スッキリ」(日本テレビ系)で会社の体制を批判した際の発言を踏襲し、「こんなこと言っていいのか分かりませんけど、みんな怖がってる!」と、会社の空気をチクリと批判するなど、2019年ならではのネタが満載だったため、視聴者からは「スッキリパロディ最高だった! ここまできたら岡本(※編注:吉本興業の岡本昭彦社長)も出ればよかったのに」といった声が相次いだ。

   このほか、昨年まで見られた定番コーナーが新コーナーに置き換わっているのも視聴者を喜ばせた。赤チームと青チームに分かれて対決するクイズコーナーは、出演者の5人が回答者として答えるクイズコーナーに変化。回答時間が長引けば長引くほどミイラのように布でグルグル巻きにされていくその様子が笑いを誘った。また、例年あったグラウンドで鬼ごっこが、今回は縄のぼりなど体力測定的な要素を含んだ「特別授業」に置き換わっており、やはり、その新鮮さが視聴者の注目を集めた。

   これら、新要素満載の2019年の「笑ってはいけない」に対しては、「今年のガキ使時間たつのあっという間だったな。マンネリ打破したのがいい。面白かった」といった絶賛が続々。ほかにも、「今回のガキ使はめちゃくちゃ面白かった!顔が痛くなるくらい盛大に笑い納めができました」と、大満足の結果だったとする声も上がっている。闇営業問題が明るみに出た2019年7月には、「笑ってはいけない」の放送を危ぶむ声すらあったが、それら困難な状況を見事に吹き飛ばした放送だったと言えるだろう。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中