2020年 2月 20日 (木)

イメージよりもコスパを... 川口「住みやすさNo.1」に見る令和の街選び

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   住む街を選ぶ基準にちょっとした変化が生じつつようだ。

   住宅ローン専門会社アルヒ(東京都港区)が2019年12月に発表した1都3県の「本当に住みやすい街」のランキング結果によれば、トップは埼玉県・川口、次いで東京都北区・赤羽が2位になった。街選びにはどんな条件が好まれているのだろう。

  • 川口駅前。今や人気No.1の街に
    川口駅前。今や人気No.1の街に

以前のイメージより、今の便利さ

   アルヒの調査結果は、2018年8月~2019年7月の1年間の住宅ローン融資実行件数を基に、住環境や交通利便性、教育環境など5つの基準で不動産の専門家が順位付けをした。あこがれなどではなく、「実際にその地域で生活するという観点から住まい選びの参考になるように選んだ」という。

   川口が評価されたのは、新宿まで20分強など交通アクセスは良いのに、地価や物件価格が割安という点だ。中古マンションなら東京23区と比べ、1平方メートルあたり20万円超も安いともいわれる。さらに商店施設や公園も豊富で、生活するには快適だとされた。

   川口といえば、かつては溶解炉「キューポラ」のある街とのイメージが強く、鋳物工場などが立ち並ぶと思っている人も多いかもしれない。だが、実際にはかつての工場の多くは姿を消し、駅前をはじめ、多くが大規模マンションに置き換わっている。

   赤羽も、川口と同じような点が言える。元々、ディープな飲み屋街の印象が強いが、実際には商業街が多く、商業施設も豊富なうえ、都心とのアクセスも良く、住環境は良好だ。都心のマンションは高止まりして会社員には手の届かない存在になっているが、赤羽なら23区内にあるのに比較的手が届きやすい。赤羽の場合、リクルート住まいカンパニーが発表した「住みたい街」ランキングの関東版でも、2018年には19位につけるなど注目度が高まっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中