2020年 7月 9日 (木)

ライバル同士が「試合中」に助け合い 高校サッカー青森山田・昌平戦で「フェアプレーのかがみ」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   高校サッカーの試合中に見られた、敵味方の垣根を越えた振る舞いがインターネット上で注目された。

   第98回全国高校サッカー選手権大会準々決勝、青森山田(青森)-昌平(埼玉)戦(3-2)が2020年1月5日、等々力陸上競技場で開催。接触プレーにより、青森山田のU-17日本代表DF藤原優大(2年)が倒れた時のことだ。「元チームメイト」の相手選手が駆け寄った。

  • 等々力陸上競技場(試合当日の写真ではありません)
    等々力陸上競技場(試合当日の写真ではありません)
  • 等々力陸上競技場(試合当日の写真ではありません)

ゴール前の競り合いで一時立ち上がれず

   青森山田は2-0で迎えた前半36分、相手陣内で得たスローインからロングスローを試みる。182センチの藤原は相手GKの前でターゲットになり、手を挙げると、投げられたボールに合わせ、背後から来た昌平DF西澤寧晟(さだてる)(3年)と競り合った。

   球際の攻防で、藤原は着地するや四つん這いにうずくまった。試合は続行されたが、昌平がピンチを脱し、プレーが途切れると、審判が倒れる藤原に駆け寄って一時中断した。

   そこには競り合った相手、西澤の姿もあった。背中を軽く叩いてやると、どうにか立ち上がった藤原を背中にのせ、ストレッチを手伝った。プレーが続けられる状態に持ち直すと、藤原はケアしてくれた西澤の方を向き、感謝するように頭をポンと叩いた。走り出しながら、西澤も藤原の背中を押した。2人とも試合終了までプレーした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中