2020年 12月 6日 (日)

フジ番組、Wi-Fiの5GHzを「5G」と誤解 「確認不足」認め「お詫びいたします」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   フジテレビのバラエティ番組で、Wi-Fiの周波数帯である「5GHz(ギガヘルツ)」をモバイル通信の「5G」と誤って紹介する場面があり、ネット上で話題になっている。

    5Gは、現行の4Gに続く第5世代(Generation)移動通信システムだ。フジテレビは、「確認不足のために誤った情報を放送してしまった」と謝罪した。

  • ルーターの「5GHz」は周波数だが…(写真はイメージ)
    ルーターの「5GHz」は周波数だが…(写真はイメージ)
  • ルーターの「5GHz」は周波数だが…(写真はイメージ)

出演者の「5Gのケーブルが来ています」につられ?

    2020年1月9日夜放送のフジテレビ系「直撃!シンソウ坂上」では、芸能人の移住について特集し、その中で、元人気女優の50代女性がハワイ島で始めた自給自足生活も取り上げた。

    女性の一家は、電気に頼らないで暮らしており、屋根のソーラーパネルから蓄電して、パソコンなどを使っている。

    番組スタッフから外部との通信手段について聞かれると、女性は、こう説明した。

「電話の電波が届かないので、5G(ファイブ・ジー)のケーブルが来ています」

   携帯電話の電波が届かない地域に住んでいるという意味らしい。そこで、自宅に引いた有線通信のLANケーブルをルーターにつないで、そこからWi-Fiの無線電波を飛ばしていると言いたかったようだ。この5Gは、Wi-Fiの「5GHz」を指すとみられる。

    ところが、番組では、ルーターにある「WiFi 5G」の文字を映して、赤い線で囲んで紹介しながら、こうナレーションを流した。

「日本でも、今年から導入予定の5G。2時間の映画も3秒でダウンロードが可能という次世代の通信システム」

    すると、出演者らから、「そうなんですよ、ダウンロードがすごく速くて」「何気に最先端?まさかの」といった声が上がっていた。

「ちゃんと確認してから放送して欲しい」

    この放送を受けて、ツイッター上などでは、視聴者からのツッコミが相次いだ。

    「間違ったこと言ってないか?」「それ次世代5Gの5Gちゃう...」「もうごちゃ混ぜですね!w」「ちゃんと確認してから放送して欲しい」といったものだ。

    もっとも、年配の人などには通信のことは分かりにくいとして、「確かに間違えやすい」「データ量の5GBと間違えられることもありますよね」といった声は出ていた。

    誤りを指摘する声がフジテレビに寄せられたためか、フジのニュースサイト「FNN PRIME」では、番組の紹介記事の最後にこんな但し書きが出ていた。

「編集部注:文中の『5G』はWiFiの5Ghz帯を意味しています」

    記事では、女性が話した「5Gのケーブル」の部分が出ていた。

    フジテレビの企業広報室は1月10日、J-CASTニュースの取材にこうコメントした。

「番組では、第5世代移動通信システムである『5G』とお伝えしましたが、正しくはWi-Fiの周波数帯である『5GHz帯』でした。確認不足のために誤った情報を放送してしまったことをお詫びいたします」

(J-CASTニュース編集部 野口博之)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中