2020年 9月 23日 (水)

2020年の仮想通貨はどうなる? ビットコイン半減期、イーサリアム2.0...

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

   価格変動が激しく、先行きが見えにくい――。

   そんな特徴を持つ仮想通貨だが、2020年は節目となるビッグイベントを多数控えている。注目すべきイベントについて紹介していく。

  • 2020年の仮想通貨は…
    2020年の仮想通貨は…
  • 2020年の仮想通貨は…

ビットコイン半減期、過去2回は上昇傾向

   最も価格上昇が期待されているのが、2020年5月に半減期を迎えるビットコイン(BTC)だ。

   半減期とは、仮想通貨取引の検証・承認作業を行う「マイニング」の作業報酬が半分に減額される時期を意味する。仮想通貨は発行上限が定められているため、マイニングを行うマイナーに支払われる作業報酬が減額されることで、通貨自体の希少性が高まり、価格が上昇しやすくなるのが特長だ。

   ビットコインの半減期は今回で3度目。今回の半減期では、12.5BTCから半分の6.25BTCになる。過去2回(2012年、16年)の半減期では、値上がりする動きを見せ、12年は価格が10ドル以下から100ドル以上に上昇。16年は、400ドルから、ピーク時には720ドルまで値を上げている。ビットコインは、半減期の1~3カ月前から価格が上昇する傾向があり、今回も2020年1月から4月にかけて価格が上がる可能性はある。

   専門家の間では、半減期を巡って「価格上昇は確実でない」などと憶測が飛び交っているものの、米国とイランの関係悪化などに影響して、価格が変動しており、そうしたファンダメンタルズも追い風となって、執筆時点(1月8日)の8302ドルから価格が上がることは想定できそうだ。(編注:その後下落し、10日午後時点では7700ドル台を推移している)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中