2020年 1月 27日 (月)

トヨタの未来都市Woven City、その街としての「ポテンシャル」を考える

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   トヨタ自動車が実証都市のプロジェクト概要を発表した。静岡県内の工場跡地を活用し、2021年初頭に着工するという。

   トヨタが持つ最新技術を投入した次世代都市だが、住環境としてはどうなるのだろうか。立地や交通アクセスから、「街」としてのポテンシャルを見てみることにしよう。

  • Woven Cityのイメージ画像
    Woven Cityのイメージ画像

3種の道路が「織り込まれた」街づくり

   実証都市の概要は20年1月7日、アメリカ・ラスベガスで行われた見本市「CES 2020」で発表された。自動運転や人工知能(AI)などの技術を用いた都市は「Woven City」(ウーブン・シティ)と名付けられ、初期はトヨタ従業員や関係者ら2000人程度の住民から暮らし始める想定だという。

   敷地内には、3種の道路がひかれる。完全自動運転かつゼロエミッション(排出物がないこと)の乗り物が高速走行する道と、歩行者とスピードの遅い乗り物が共存する道、そして歩行者専用の道。これらが網目のように織り込まれる(英語でwoven)ことから名付けられた。

   都市設計は、建築家のビャルケ・インゲルス氏が担当。米グーグルの新社屋を手掛けるなど、気鋭のクリエイターだ。イメージ画像や動画を見ると、絵にかいたような21世紀の生活空間といった印象を受ける。実際、豊田章男社長もCESでのスピーチで「未来の実証都市」と表現していた。

   Woven Cityが開発されるのは、東富士工場(静岡県裾野市御宿)の跡地だ。同工場は1967年に完成し、「センチュリー」などを生産してきた。しかし、2020年末までに撤退し、東北の生産拠点へ集約されると発表されている。それでは、実際に生活するとなると、どんな環境になるのだろうか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中