2020年 7月 6日 (月)

武田真治「ネットニュース」に困った 「結婚間近」話題のはずがコメント欄を見たら

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ネットニュースに取り上げられたのに、コメントが1ケタ止まりなんて――。

   俳優でタレントの武田真治さんは、2020年1月12日放送の「サンデージャポン」(TBS系)で、自身のニュースについての扱いに愚痴をこぼした。

  • 武田真治さん、せっかくニュースになっても大きな話題にならないと嘆き節(写真はイメージ)
    武田真治さん、せっかくニュースになっても大きな話題にならないと嘆き節(写真はイメージ)
  • 武田真治さん、せっかくニュースになっても大きな話題にならないと嘆き節(写真はイメージ)

「自分を一生懸命ごり押ししている、みたいな」

   番組内で武田さんは、自身の交際報道について聞かれ、「結婚を前提にお付き合いしている方がいます」とコメント。自分の話題に触れられるのはいいが、別の不満があるようだ。

「僕関連のニュースをヤフーとかで見ると、コメント欄ってあるじゃないですか、書き込める。それが1ケタってことあるんですかね...」

と、インターネットでニュースになっても、それが大きな話題にならないことをぼやいた。

   この日、番組で選ばれた芸能ニュースの中に武田さんの話題は入っておらず、芸能リポーターがどうしても紹介したい「小ネタ」である「もうすぐランクインニュース」も、女医でタレントの西川史子さんが1日警察署長を務めた話題に奪われた。

   武田さんは、自身の交際ニュースが、

「西川さんより下ということですよね、無理やり(自分の話題を)ねじ込んでいただいたみたいで...」

と残念そう。「せめて今週の芸能ニュースの中に入れておいてもらえますか」「全くバズってないのに武田が自分を一生懸命ごり押ししている、みたいな(感じになってる)...」と真剣な顔で続け、スタジオの笑いを誘っていた。

   ツイッターでは、番組の視聴者とみられる投稿者から、

「Yahooニュースのコメントが1桁だったってしょんぼりする武田真治可愛くて笑う」
「結婚間近は本当なのに全然バズらず自分でねじ込む武田真治、オモロいww」

といったコメントが寄せられていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中