2020年 2月 18日 (火)

サンフレッチェ広島が「カープそっくり赤ユニ」製作? ポスター画像拡散→クラブ声明「誤情報」

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   「嘘でしょ...」「メチャクチャカープ」――。サッカーJ1・サンフレッチェ広島の新ユニホームに、サポーターが騒然となっている。

   未発表のユニホームの画像が拡散し、しかもデザインは因縁の「真っ赤」。クラブ側は否定しているが、真相は......。

  • 2020年の(左から)浦和、鹿島、広島の新アウェー(2nd)ユニフォーム。
    2020年の(左から)浦和、鹿島、広島の新アウェー(2nd)ユニフォーム。

「発売日は確定次第ご案内」

   情報は2020年1月18日ごろから、インターネット上で出回った。

   広島の来シーズンのユニホームは、クラブ伝統の「紫」を基調としたホーム用(1st)と、白地に赤を使ったアウェー用(2nd)が公式に発表されている。

   しかし、ある販売店で3rdユニホームの予約案内が掲示されていたと騒ぎになっている。拡散中の掲示物の画像では、1st、2ndとともに赤一色のユニホームが確認でき、「3rd(一般サイズのみ)の発売日は確定次第ご案内いたします」と注意書きされている。

   広島をめぐっては、2ndユニホームの反対運動が記憶に新しい。クラブカラーの「紫」を排し、鹿島アントラーズ、浦和レッズなどライバルクラブを連想させる「赤」を使用して批判を集めた。また、プロ野球・広島カープにインスパイアされて赤を採用したという理由も、多くのサポーターの腑に落ちず、SNS上では「#紫を取り戻せ」のハッシュタグも作られた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中