2020年 2月 22日 (土)

桃缶は「時限爆弾」報告相次ぐ 期限切れで膨張→爆発、理由を専門家に聞くと...

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   桃の缶詰を非常食にして保管していたところ、突然爆発して怖い思いをしたと、ツイッターで投稿があり、反響を集めている。

   賞味期限を3年半も過ぎた桃缶だったという。同様な報告もいくつかあるようだが、なぜ爆発してしまうのだろうか。

  • 賞味期限を9年も過ぎた桃缶。破裂の恐れがあり、普通に開けると飛び散るという(写真は、コープこうべ商品検査センター提供)
    賞味期限を9年も過ぎた桃缶。破裂の恐れがあり、普通に開けると飛び散るという(写真は、コープこうべ商品検査センター提供)

「爆発時に近くにいたら怪我も大いにあり得た」

   「家庭に潜む時限爆弾」。桃缶の爆発をツイートしたジンさん(@JIN_gelique)は2020年1月20日、そのときの体験をこう表現した。

   それは、同様なケースをツイッター上でいくつか見つけ、その怖さが分かったかららしい。

   ジンさんにJ-CASTニュースが22日に取材して聞いたところなどでは、桃缶は、非常食を置いた棚の奥に入れてあり、爆発でシロップが飛び散り、他の缶や棚にこびり付いてしまった。家を空けたときに爆発したのか、棚を整理するまで気付かなかったという。

「爆発時に近くにいたら怪我も大いにあり得ると思いますし、蓋や破片の放置はお子さんやペットにも危ないと思いました」

   臭いはそれほどではなかったものの、片付けや拭き取りには、泣けるほど苦労したそうだ。

   桃缶の賞味期限は2016年7月20日で、購入はそれより前だった。おかずになるサバ缶など使いやすい非常食は、手前に置いており、普段使わないフルーツ缶は、奥に入れたままになっていた。桃缶については、期限は忘れてしまったという。

   ジンさんは、賞味・消費期限切れの缶詰が爆発したという、ここ1、2年の他の人のツイートをいくつか紹介している。

「鉄とシロップの酸が反応して水素が発生」のケースも

   それらを見ると、パイナップルの缶詰がパンパンに膨れて爆発していたり、カゴに入れた缶詰が爆発して果物などをミックスするブレンダーが壊れてしまったりした様子の写真が出ていた。

   ネット上では、「怖い!こんな事になるなんて!!びっくり」「怪我が無くて何よりでした...私も気を付けます」といった声のほか、缶詰を巡る様々な報告も書き込まれている。賞味期限を5年過ぎたサバ缶が会社の棚にあるのを思い出した、パンパンに膨らんだ缶詰に穴を開けたら部屋中に飛び散った、などだ。

   国民生活センターの商品テスト部に取材して聞くと、缶詰の破裂について、2009年4月から20年1月21日までの10年間で、全国の消費生活センターに寄せられた相談件数は22件あった。ケガをしたケースはなかったものの、うちケガの恐れがある「危険」と判断されたのは、17件も占めている。

   事例としては、賞味期限を5年ほど過ぎたフルーツ缶が破裂して、缶の下側が膨れ上がり上側が開いていた(18年10月)、同じぐらい古いアンズ缶が戸棚の中で破裂し、キッチンにいて大きな音がした(同年8月)、といったケースがあった。ともに、危険と判断されたそうだ。

   生活協同組合コープこうべの商品検査センター(神戸市)によると、フルーツ缶の内面は、鉄にスズをメッキしたブリキでできており、賞味期限を過ぎると、スズの溶け出しが多くなって鉄が露出してしまう。すると、鉄とシロップの酸が反応して水素が発生し、缶が膨らんで破裂することもあるという。

   原因はほかに、製造時の加熱不足や密封状態の不良で細菌が中身を腐敗させ、ガスを発生させることで破裂することもあるとしている。

   センターの担当者は、ここ3年ぐらいは缶詰が破裂したケースを聞いていないとしながらも、破裂を防ぐための対処法をこうアドバイスする。

「災害用などに保管している缶詰については、期限を見ながら食べるローリング・ストック法が有効でしょう。無駄なく、新しく缶詰に変えられますからね。缶詰が膨張したときは、バケツの水に入れて、水中で穴を開けると徐々に空気が抜けます。そうすれば、内容物が飛び散るのを防ぐことができると思います」

(J-CASTニュース編集部 野口博之)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中