2020年 4月 3日 (金)

新型コロナウイルス「製薬会社が広めた」「ワクチンは開発済」 根拠不明の情報拡散、30か国でファクトチェック進む

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   新型コロナウイルスによる肺炎の問題では、根拠不明の情報が世界中で拡散している。「新型ウイルスの作者」なる人物の画像が出回ったと思えば、ウイルスは「生物兵器」だという陰謀論、「酢酸がウイルスに効く」といったものまで、その内容は様々だ。

   こういった状況を受け、ファクトチェックの専門機関「国際ファクトチェックネットワーク(IFCN)」が主導し、世界30か国・地域の48機関が協力してファクトチェックを行う取り組みが始まっている。

  • 米国のファクトチェック団体は「新型コロナウイルスは特許を取得している」という書き込みを「正しくない」と判定した
    米国のファクトチェック団体は「新型コロナウイルスは特許を取得している」という書き込みを「正しくない」と判定した

「根拠」の特許は別のウイルスのもの

   IFCNのウェブサイトによると、取り組みが始まったのは2020年1月24日から。その直前から、世界中で根拠不明な情報が拡散してきた。米国では、1月22日頃から「新型コロナウイルスは実験室で作成されて特許を取得しており、ワクチンも開発されている」といった主張が拡散された。フェイスブックやツイッターの書き込みには、根拠として特許公報へのリンクが紹介されているものもある。だが、少なくとも3つのファクトチェック団体が、特許は今回のコロナウイルスに関するものではなく、SARS(重症急性呼吸器症候群)などの別のウイルスに関するものだと指摘。現時点では新型ウイルスへのワクチンはない、と結論づけている。

   ブラジルでも、「製薬会社がワクチンを売るために新型コロナウイルスを広めた」とする書き込みが拡散。やはり「根拠」は特許で、米国と同様の理由で「誤り」だと判定された。

   メキシコでは、「生化学エンジニアで新型ウイルスの作者」のものだとされる顔写真が、CNNのロゴ付きで拡散。CNNのウェブサイトにはそのような写真は掲載されておらず、写真はスペイン人のユーチューバーのものだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中