2020年 4月 6日 (月)

松坂大輔は「何勝」できるか 古巣・西武で期待される「合格ライン」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   2020年1月28日に埼玉・所沢市で行われた西武の出陣式。ファンから大歓声を受けたのが14年ぶりに古巣復帰した松坂大輔だった。

   復帰後初めてユニホーム姿を披露。「14年ぶりに帰ってきた松坂です。昔のイメージを持っている方もたくさんいると思いますが、今はなかなか難しい。どんな形であれ、チームのリーグ3連覇の力になれるように頑張ります」と誓った。

  • ファンの期待に応えられるか(イメージ)
    ファンの期待に応えられるか(イメージ)

力でねじ伏せる投球は難しいが...新たなスタイルで活路

   昔のイメージ――「平成の怪物」の全盛期は強烈だった。150キロを超える直球に切れ味鋭いスライダー、落差のあるカーブを武器に、横浜高3年時に甲子園春夏連覇を達成。西武入団1年目に16勝をマークするなど3年連続最多勝に輝き、8年間の在籍期間で108勝を積み上げた。

   ただ、もうそのスタイルを追いかけることはできない。右肩痛など度重なる故障で、中日に在籍した昨季は2試合のみの1軍登板で未勝利。直球の球速は常時130キロ台に落ちた。力でねじ伏せる投球は厳しい。打者の手元で球を動かし、バットの芯を外して凡打を築くスタイルに活路を見出している。

   2月1日に始まるキャンプは宮崎・南郷でのA班(1軍)で始動する。絶対的エースだった当時と違い、先発ローテーションを勝ち取るためにはオープン戦で結果を出すことが求められる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中