2020年 4月 6日 (月)

井上尚弥が「ドネアより怖い」と見るカシメロ その武器、そして弱点を読み解く

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   ボクシングのWBA、IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(26)=大橋=とWBO世界バンタム級王者ジョンリエル・カシメロ(30)=フィリピン=の王座統一戦が2020年1月31日、正式決定した。

   4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスのマンダレイ・ベイ・イベントセンターで開催され、井上は日本人ボクサー初となる主要3団体統一王者を目指す。

  • 井上尚弥(2016年撮影)
    井上尚弥(2016年撮影)

11年にフライ級でキャリア初のTKO負け

   今年最大の目標である主要4団体統一へ向けて大きなステップとなるカシメロ戦。WBOのベルトを獲得すれば、WBA、IBFに続く3本目の世界ベルトとなる。昨年11月に世界5階級制覇のノニト・ドネア(フィリピン)を判定で下した井上は、カシメロを「ドネアより怖い」と警戒するが、カシメロのストロングポイント、弱点はどこにあるのか。過去の試合を振り返ってみたい。

   カシメロは2007年6月にプロデューし、ライトフライ級、フライ級でリングに上がってきた。08年10月にWBOライトフライ級の地域タイトルを獲得し、翌09年12月に世界王座に初挑戦する。WBO世界ライトフライ級暫定王座決定戦に出場し、セサール・カンチラ(コロンビア)をTKOで下し王座獲得。10年7月の初防衛戦でラモン・ガルシア(メキシコ)に判定で敗れ王座を失っている。

   2011年に階級を1つ上げてIBF世界フライ級王者モルティ・ムザラネ(南アフリカ)に挑戦し、キャリア初のTKO負けを喫している。この試合、カシメロは序盤から劣勢に立たされ5回に王者の右一発で撃沈。王者の地元、南アフリカでのアウエーということもあり、コンディション調整に苦しんだと見られるが、この試合を見る限りカシメロに打たれ強いという印象はない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中