2020年 10月 23日 (金)

ピエール瀧→「頑張って」宮迫→不評 2人の復帰、空気が違うのは何故なのか

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   テクノユニット「電気グルーヴ」のピエール瀧さん(52)が2020年2月下旬に芸能活動を再開させるとの報道が相次いでいる。

   瀧さんは2019年3月、自宅でコカインを所持していたとして逮捕され、同年6月に懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受けていた。各報道によると、瀧さんが復帰するのは、来年に公開が予定されている映画「ゾッキ」の撮影だという。

  • 宮迫博之さん(2015年撮影)
    宮迫博之さん(2015年撮影)
  • 宮迫博之さん(2015年撮影)

「ピエール瀧にだって生活あるんだから」

   報道を受け、ネット上ではツイッター上を中心に瀧さんが復帰することについて様々な意見が噴出。あるアカウントは、「ピエール瀧、仕事の復帰はやいよ」と、復帰時期が早すぎるのではないかと難色を示しているが、別のアカウントは「いやピエール瀧にだって生活あるんだから早すぎるとか言ってやるなよ」と、復帰の時期は決して早すぎないとする考えを示している。

   また、「作り手が必要だと思ったから採用しただけの事、他の演者も納得しているから出演するんだろうしこれが社会復帰の一歩になればいいだけの話」と、活動再開は何ら問題ないとする声も上がっているほか、「ピエール瀧さんは、もうたくさんゴロゴロして休んだのでしょう。ゴロゴロすれば色んな面での体力が戻ってきます。頑張ってください!」と、温かいトーンで復帰を歓迎するツイートも。

   総じて言うと、「禊は終わった」という論調のツイートが多いのが特徴だ。

   またスポーツニッポンの報道では、復帰を後押ししたのは俳優で、映画「ゾッキ」でメガホンを取る山田孝之さんとされる。こうした点からは、仕事仲間も瀧さんを受け入れるムードがあることがうかがえる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中