2020年 5月 28日 (木)

【追記】「手作り目薬」でサンケイリビング謝罪 炎上の読者ブログは「監視体制強化」へ

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   女性向けニュースサイト「あんふぁんweb」で、不適切な内容の記事を配信したとして、運営するサンケイリビング新聞社(東京都千代田区)は2020年2月4日、「深くお詫び申し上げます」と謝罪した。記事では目薬の作り方を紹介し、SNS上で安全面を懸念する声が続出していた。

   同サイトでは、ほかにも問題があるとみられる記事が複数見つかり、後にそれらの一部も削除された。

  • あんふぁんメイトの記事一覧(一部加工)
    あんふぁんメイトの記事一覧(一部加工)
  • 問題となった「手作り目薬」記事(現在は削除済み)
    問題となった「手作り目薬」記事(現在は削除済み)
  • あんふぁんメイトの記事一覧(一部加工)
  • 問題となった「手作り目薬」記事(現在は削除済み)

読者をライター化

   あんふぁんwebは、幼稚園で配布している同名のフリーペーパーの電子版。運営会社は、ライザップが80%、フジ・メディア・ホールディングスが20%の株式を持つサンケイリビング新聞社だ。

   2020年1月の媒体資料によれば、同サイトの月間ページビューは500 万、会員数は10万6000人。19年にはニュースアプリ「スマートニュース」から、「あんふぁんメイトという読者コミュニティでの投稿記事が特徴で、子育てという共感を呼ぶコンテンツを中心に、幼稚園イベントレポートなど、ユーザーの支持を集めた」などとして表彰された。

   執筆体制は、"ママライター"の22人、読者代表の「あんふぁんメイト」の66人だという。

   問題となったのは、あんふぁんweb上で公開された、あんふぁんメイトによるブログ記事「自宅にあるものだけで簡単!!手作り目薬を作りました」。

   記事では、市販の目薬は防腐剤が多いため、手製の目薬を作ったと報告する。原料の紹介とともに「水道水は塩素が入っているので必ずミネラルウォーターや浄水した水、ウォーターサーバーの水を使用すること!」「塩は塩化ナトリウムの入っていないものを選ぶ(スーパーなどで売っているものはほとんど塩化ナトリウムが入っているので注意!)」などと伝えた。

   記事は18年8月に公開されたものの、ツイッターで20年2月4日に転載されると、安全面への懸念などが続出した。

   サンケイリビング新聞社は同日、「誤った内容があったと判断した」として記事を削除。どこが謝りだったかには触れず、「関係者の皆様にご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中