2020年 11月 25日 (水)

日本JCと「政治」、その浅からぬ関係 「若旦那がお金に物をいわせて...」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   日本青年会議所(日本JC)が運営する「メディアリテラシー」向上を呼び掛けるツイッターが、中立性が疑われるリツイートを繰り返し、ツイッター側と結んだパートナー協定が解消される可能性も出てきた。

   日本JCは、リツイートを削除し、ツイッター側と今後について協議している。過去にも、担当者が「右寄り」ツイートを繰り返して謝罪した騒ぎがあったが、一体どんな団体なのだろうか。

  • ツイッター政治の公式アカウントで呼びかけたが…
    ツイッター政治の公式アカウントで呼びかけたが…
  • ツイッター政治の公式アカウントで呼びかけたが…

2年前に「宇予くん」騒動起こしたばかり

   リツイートした1つが、あるJCメンバーの投稿だ。このメンバーは、ジャーナリストを名指しで、「ツイートが的外れ過ぎ」「発狂している」と揶揄していた。

   さらに、新型コロナウイルスについて独自の見方をしたJC出身のクリニック院長の投稿についても、リツイートするなどしていた。

   この公式ツイッターは、日本JCのメディアリテラシー確立委員会のアカウント「情報を見極めよう!」だ。日本JCとツイッタージャパンは、その直前の2020年2月10日、ツイッターなどソーシャルメディアのリテラシー教育をJCメンバーらに行うパートナー協定を結び、ツイッター政治の公式アカウントが活動を支援すると発表していた。

   2年前には、日本JCの当時の担当者が、保守思想をうたうキャラ「宇予くん」の公式ツイッターで特定の議員やメディアを中傷したり、中国や韓国に対して「国交断絶」「ミサイル爆撃」などを主張したりして、日本JCが謝罪に追い込まれたことがある。それだけに、協定を結んだ際も、ツイッター側の対応を疑問視する声が続出していたが、公式ツイッターでも、実際に中立性が疑われるようなリツイートが繰り返されたとして、炎上状態になっている。

   ツイッター側に対し、「見識を疑われる話」「そもそも何で提携する必要があったのか」「初っ端から、思い切りリテラシー不足が露呈している」などと批判が相次いでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中