2020年 9月 29日 (火)

新型コロナ、こんな症状が続いたら... 厚労省が「相談・受診の目安」公表

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

   新型コロナウイルスによる肺炎(COVID-19)をめぐり、厚生労働省は2020年2月17日、相談や受診の目安を公表した。同日午後、加藤勝信厚労相が会見を開いて説明した。

   以下に詳述するような症状がある場合は、全都道府県に設置している相談センターに相談し、センターが新型コロナ感染の疑いがあると判断した場合には、専門外来を設置した医療機関を紹介するとしている。

  • 厚生労働省ツイッターの最上部に表示される「固定されたツイート」
    厚生労働省ツイッターの最上部に表示される「固定されたツイート」
  • 厚生労働省ツイッターの最上部に表示される「固定されたツイート」

「37.5度以上の発熱が4日以上続いている」など

   厚労省サイトでも17日、「目安」に触れた「新型コロナウイルスを防ぐには」(17日改訂版)を公表した。まず、「日常生活で気を付けること」の項目の中で、手洗いの重要性指摘などに加え、

「発熱等の風邪の症状が見られるときは、学校や会社を休んでください」
「発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録してください」

と求めた。

   続く「こんな方はご注意ください」の項目では、「次の症状がある方は、『帰国者・接触者相談センター』にご相談ください」として、

「風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続いている(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)」
「強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある」

の2項目を併記している。なお、「高齢者や基礎疾患等のある」人については、「上の状態が2日程度続く場合」と、早めに相談するよう促した。

   センターでの相談の結果、新型コロナ感染の疑いがある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」を設置している医療機関をセンターが紹介する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中