2020年 10月 2日 (金)

猫ひろしも、北澤豪も... 東京マラソン「規模縮小」で走れなくなったランナーたち

毎日酷使する現代人の目にビルベリー由来アントシアニン!

   2020年3月1日に開催される「東京マラソン」を主催する財団が2月17日、今年の大会を一般ランナー抜きで実施することを発表した。

   同大会には「準エリート枠」で登録していたというタレントの猫ひろしさん、「チャリティーランナー」として出場予定だった元サッカー日本代表の北澤豪さんらも名を連ねていたが、新型コロナウイルスの感染拡大によってこうした著名人も、出場できない事態となった。

  • 東京マラソン財団が2020年2月17日にアップした公式ホームページより
    東京マラソン財団が2020年2月17日にアップした公式ホームページより
  • 東京マラソン財団が2020年2月17日にアップした公式ホームページより

3万8000人のうち5000人が「チャリティー」

   「東京マラソン」は2007年に始まり、今年は約3万8000人が参加予定だったが、トップ選手による「エリート枠」200人程度のみで催されることになる。

   猫さんはツイッターで、

「外国人準エリート枠の私も今回の東京マラソンは走れず。でも落ち込んでてもしょうがない。良い調子で練習こなしてるから、次の大会早く見つけてそこで絶対自己ベスト更新する!やってやるって!ニャー」

と心情を吐露しつつも、前を向いて走り続けるコメントを発信した。

   また元サッカー日本代表の北澤さんは「『ドナルド・マクドナルド・ハウス』の活動を支える"チームの輪"、スポーツを通じた"チャリティーの輪"を少しでも広げたい!」として、2014年から6年連続で出場していた。

   東京マラソンでは、複数の形で「チャリティー」が行われており、これにより出場するチャリティーランナーは、実に5000人に上る予定だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中