2020年 4月 4日 (土)

東京メトロの新制服、どこが変わる? 4月から着用、歴代「先輩」と並んでお披露目

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   東京メトロは2020年2月19日、着用を4月から開始する新制服のデザインを発表した。04年4月に営団地下鉄(帝都高速度交通営団)から民営化以後初の制服刷新となる。

   東京五輪を控えた20年4月からの新制服は、現行のネイビーブブルーの制服をベースにしつつ、細部で機能性を向上させた。

  • 20年4月より着用予定の東京メトロ新制服。左右4名は乗務員・駅係員用、中央2名は駅長・区長など現場長用の制服
    20年4月より着用予定の東京メトロ新制服。左右4名は乗務員・駅係員用、中央2名は駅長・区長など現場長用の制服
  • 左右4名が着用しているのがサービスマネージャーの新制服
    左右4名が着用しているのがサービスマネージャーの新制服
  • 左から東京メトロ現制服、1991~2004年の営団制服、1960~1972年の営団制服、東京地下鉄道の制服
    左から東京メトロ現制服、1991~2004年の営団制服、1960~1972年の営団制服、東京地下鉄道の制服
  • 明るいブルーでヨーロッパ風の、戦前としてはモダンな東京地下鉄道制服
    明るいブルーでヨーロッパ風の、戦前としてはモダンな東京地下鉄道制服

タブレット携行にも配慮

   コンセプトは「東京らしいシンプルで洗練されたデザイン」で、ジャケットの袖には金のラインが直線で入り、襟には「ハートM」のコーポレートマークが金色の刺繍で織り込まれ、現制服との違いを際立たせている。シャツはポケットが両胸についたものに改められ、タブレットなどを携行する乗務員・駅係員の作業性が向上している。夏服で着用するシャツはグレーの縦ストライプが入っており、5月1日から10月31日までが着用可能期間となる。

   東京の銀座、新宿など主要駅に勤務するサービスマネージャーの制服も同時にリニューアル予定で、一目でサービスーマネージャーとわかるデザインを目指した。グレーのジャケットに、帽子には東京メトロのコーポレートカラーになる水色「メトロブルー」をあしらい、駅係員とは一目で区別しやすいデザインとなった。

カラフルな歴代制服

   発表会では、東京メトロの現制服と東京初の地下鉄「東京地下鉄道」から営団時代の過去3デザインの制服も公開された。東京メトロ発足以後は濃紺ベースのデザインが続いているが、1927年の銀座線(上野~浅草間)開業以来先進的なデザインも採用してきたことがうかがえる。

   1927年の開業当時、東京地下鉄道の駅係員が着用していたのは頭頂部が筒形に近い帽子と、金色のボタン・襟章・袖に金ラインがあしらわれている。詰襟の学生服風のデザインながら、ヨーロッパ風の明るい青色と金ボタンの組み合わせは当時斬新で話題を呼んだという。東京メトロの現制服・新制服と比較すると金のボタンと袖のラインが共通しており、地下鉄の歴史の「DNA」を東京メトロが受け継いでいるかのよう。

   前回の東京五輪(1964年)当時の制服は、濃紺がベースでオーソドックスな帽子とスーツスタイルだったが、営団最後の制服(1991~2004年)はまたもヨーロッパ風の帽子(通称、ドゴール帽)を採用し、ジャケットはオリーブグリーン、黒のスラックスという目立つ配色だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中