2020年 10月 20日 (火)

右肘手術後なのにサインねだられ続け...「いたっ」 SB甲斐野に心配の声、球団は「深刻でない」

iDeCo、NISA~不動産投資まで、あなたにあったセミナーが見つかる!

   プロ野球・ソフトバンクの甲斐野央投手(23)とファンとの交流を映した動画が、SNS上で物議をかもしている。

   右ひじの手術を終えた甲斐野投手が、ファンの酷ともいえる要求に応える姿が収まっており、撮影者は「下手をしたら怪我の回復を邪魔するようなことになってしまいます」と危惧する。

   一方、球団は「球団も本人も騒ぎになっていることは承知しております」と話すも、問題視しておらず、ネット上での反応に困惑しているという。

  • 当該動画の1シーン
    当該動画の1シーン
  • 当該動画の1シーン

「もうやめましょ、だってもう失礼、俺が」

   東洋大から18年にドラフト1位で入団した甲斐野投手。新人ながら65試合に出場と大車輪の活躍で、19年11月の世界野球「プレミア12」で日本代表にも選ばれた。

   しかし各報道によれば、右肘内側側副靭帯の一部損傷が見つかり、20年2月18日には右肘のPRP(多血小板血漿=しょう=)注射を受けた。

   動画はその翌日に撮影された。甲斐野投手がファンサービスに応じた際の一幕だ。ペンを差し出され、色紙にサインをする姿から始まる。

   冒頭、右手に持ったペンでサインを書き始めると、「いたっ」と声を上げた。「ホンマにこんなんすよ」と話す甲斐野投手は、腕が痛いためか、手首を固定してペンを走らせる。ファンは「ごめんね、頑張ってね」と声をかける。

   詰めかけたファンに黙々とサインをし続けたが、終盤に「もうやめましょ、だってもう失礼、俺が」と甲斐野投手。うまく字が書けない申し訳なさから、切り上げようとしたとみられるが、ファンは「大丈夫、大丈夫」「全然大丈夫」と続行を望んだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中