2020年 10月 23日 (金)

退所会見15分前、中居正広が見せた「プロデュース力」 プラカード片手に取材陣サプライズ

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   2020年2月21日に行われた中居正広さんのジャニーズ事務所退所会見。筆者はカメラマンとして現場に向かった。順番にくじ引きをして、筆者が引いたのは「10」。2列目のセンターと、最高の位置だった。

  • 「フラッシュの点滅にご注意ください」のプラカードを持ってサプライズ登場した中居正広さん
    「フラッシュの点滅にご注意ください」のプラカードを持ってサプライズ登場した中居正広さん
  • 「フラッシュの点滅にご注意ください」のプラカードを持ってサプライズ登場した中居正広さん

「フラッシュの点滅にご注意ください」

   会見場のスタッフに「場所取りが終わったらスチール、ムービーの方は一旦、外に出てください」と促され、荷物を置いたまま室外に出た。外に出たのは会見の45分ほど前だっただろうか。時間に余裕があるので一服した。

   しかし、会見15分ほど前になって、会場に戻ってみると...。あれ? 聞き覚えのある声が聞こえる。えっ?? 開始時間前なのに、中居さんが半ば「乱入」状態で会場内にいた。「フラッシュの点滅にご注意ください」と手書きのドッキリ風プラカードを持って、

「会見の前のご説明みたいなのをしようと思ったんですけど...。いいですか? もう始めて。説明していいですか? 僕が会社、辞めることは、まだ...? これ、言っちゃダメなんですか? 今日、その発表なんですよ」

   完全に中居さんのフライング、というか「暴走」に慌てたスタッフから「まだです!」と言われたものの、多くのカメラマンが発表前に聞いてしまった。筆者も20年以上、いろんな記者会見を見てきたが、会見開始時間が「押す」ことはあっても、本人自体が「巻く」というのは初めての経験だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中