2020年 10月 23日 (金)

乃木坂46、4つの「期」で違うカラー 研修生昇格で坂道Gは新たな局面へ

保険は定期的に見直さないと損をする!?無料相談で今すぐチェック!

   2020年2月16日、動画配信サービスSHOWROOMでの生配信で、乃木坂46・欅坂46・日向坂46の「坂道グループ」への新規メンバーの加入が発表された。加入が決まった15人は皆「坂道研修生」として活動していたメンバーだ。

   新メンバーは「何期生」になり、どんな反応をグループにもたらすか。「期」をキーワードにしつつ、乃木坂46の例をもとに推し量ってみる。

  • 乃木坂46へ4期生としての昇格が発表された5人。どんな効果をグループにもたらすか(坂道研修生HPより)
    乃木坂46へ4期生としての昇格が発表された5人。どんな効果をグループにもたらすか(坂道研修生HPより)
  • 乃木坂46へ4期生としての昇格が発表された5人。どんな効果をグループにもたらすか(坂道研修生HPより)

加入時期の違う「同期」

   内訳は乃木坂46に黒見明香さん・佐藤璃果さん・林瑠奈さん・松尾美佑さん・弓木奈於さんの5人が加入。欅坂46には遠藤光莉さん・大園玲さん・大沼晶保さん・幸阪茉里乃さん・増本綺良さん・守屋麗奈さんの6人が、日向坂46には髙橋未来虹さん・森本茉莉さん・山口陽世さんの3人が加入する(松岡愛美さんは学業のため活動辞退)。

    この昇格が発表された時、ファンが気になった点の1つは昇格メンバーが「何期生になるのか?」という点だった。この点は乃木坂46への5人は4期生、欅坂46への6人は2期生、日向坂46への3人は3期生として活動すると公式サイト上でも発表されている。

   実はこの新加入メンバーには、既に正規メンバーになっている「同期」がいる。乃木坂46に4期生が11人、欅坂46に2期生が9人、日向坂46に3期生が1人在籍。なぜ加入時期が違うのに同期なのかというと、皆2018年に行われた「坂道合同新規メンバー募集オーディション」の合格者であるためだ。

   18年11月29日にこのオーディションの合格者39人が決定したことが発表されたが、この時正規メンバーとして加入したのは21人で、合格したが配属されなかったメンバーのうち辞退者を除く15人は19年9月にプロフィールが公開され、坂道研修生としてレッスンやコンサートを行っていた。加入が1年あまり遅れたものの、同じオーディションの合格者は全員正規メンバーとして活動できることになった。

   坂道グループにはこのように複数の「期」があるが、時期や加入経緯の違いで、期ごとの「カラー」も生じる。特にフラッグシップである乃木坂46ではその差異は顕著だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中