2021年 6月 21日 (月)

中居正広、「ガキ使」やっぱり見てた? 記者会見の「SASUKE派」発言に込められた意味

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

「ガキ使」番組中で「中居派? 草なぎ派?」のやりとり

   19年末の「ガキ使」では、草なぎさんがNetflix配信ドラマ「全裸監督」の村西とおる監督に扮し、パンツ一丁でカメラを携えて登場。劇中のシーンを模し、ダウンタウン・松本人志さんに笛を持たせた草なぎさんが、「松本さんは『中居派』ですか? 『草なぎ派』ですか? 『中居派』なら1回、『草なぎ派』なら2回吹いてください」と、名前の後ろに「派」をつけて問いかけた。

   この草なぎさんの質問に呼応するように、中居さんは会見で「SASUKE派」との言い方を使ったのではないか、少なくとも大晦日の「ガキ使」を視聴していたことを示唆したのではないか――ファンはそんな思いを抱いているわけだ。実際ツイッターには、

「中居くんの言った『僕、SASUKE派なんですよ』っていう言葉 ガキ使の『中居派?草彅派?』と被せてあるの 見てないって言ってるけど実は見てるっていうそういうボケが中居くんらしくてすこなんだ」(原文ママ)

との書き込みもある。

   会見ではその後、「ガキ使」出演の3人について中居さんは「面白かったですか? 受けてました? 良かったです」と一言。また報道陣が「(ガキ使で)松本さんは中居派だって言ってましたよ」と問いかけると、中居さんは

「だから僕は『SASUKE派』! そこに引っかけてるんですよ! 気づいてください」

と、ほぼネタばらし。結局はっきり「見た」とは言わなかったものの、ファンにとっては、中居さんがSMAPメンバーのことを今も気にかけていることを感じさせるには十分なやり取りだったようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中