2020年 9月 26日 (土)

天皇陛下が語った令和の「多様性」 誕生日会見で「若い人たち」への期待明かす

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

   天皇陛下は2020年2月23日、60歳の誕生日を迎えた。

   これに先立つ21日に行われた会見では、改めて天皇としての「つとめ」への決意が語られた。中でも「令和」らしさが際立ったのは、開催が近づく東京五輪・パラリンピックに託して、日本社会の「多様性」の成熟への期待を述べた場面だ。

  • 60歳を迎え、誕生日にあたっての記者会見に臨んだ天皇陛下(宮内庁提供動画より)
    60歳を迎え、誕生日にあたっての記者会見に臨んだ天皇陛下(宮内庁提供動画より)
  • 「まだ還暦」と応じた際には表情がほころんだ(宮内庁提供動画より)
    「まだ還暦」と応じた際には表情がほころんだ(宮内庁提供動画より)
  • 60歳を迎え、誕生日にあたっての記者会見に臨んだ天皇陛下(宮内庁提供動画より)
  • 「まだ還暦」と応じた際には表情がほころんだ(宮内庁提供動画より)

64年の東京五輪と「世界の平和」への思い

   「多様性」についての言及は会見中盤、これまでの60年、そして直近の1年で印象に残った出来事、また東京五輪・パラリンピックに期待することを問われる中であった。

   天皇陛下がこの質問に真っ先に挙げたのは、「初めての世界との出会い」だったという1964年の東京五輪だ。

   閉会式では、選手たちがハプニング的に、国の垣根を越えて一団になって入場し、以後もこのスタイルが引き継がれたことで知られる。4歳でこの光景を目の当たりにしたという天皇陛下は、この体験が「変わらず持ち続けている、世界の平和を切に願う気持ちの元となっているのかもしれないと思っております」。

   さらに1970年の大阪万博では、各国のパビリオンを回り「世界にはこんなにも多くの国があり、一つ一つの国が、さまざまな特色を持っている」ということを知り、「世界との初めての触れ合いの場」になったという。

   その上で、2020年の東京五輪・パラリンピックに期待することとして、

「今回のオリンピック・パラリンピック大会を通して、特に若い人たちに、世界の人々への理解を深め、平和の尊さを感じてほしいと願っています。大会の開催期間中や、その前後に、海外からの選手や、観光客が大勢来日するのを契機に、日本の人々、とりわけ若い人たちが、彼らとの交流を通じ、世界の多様性に対する理解を深め、国際的な視野を広げる機会になることを願うとともに、逆に海外の方にとっても、日本のことを知る、よい機会になれば幸いです」

と語り、特に「若い人たち」に、海外の人々との触れ合いを通じて、平和とともに「多様性」への理解を深めてほしいと強調した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中