2021年 9月 23日 (木)

西武園ゆうえんちがリアル「オトナ帝国」化!? リニューアルはもしかして、もしかして...

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

「立地も埼玉だしこれは間違いなく20世紀博」

   これらのアカウントが言う「オトナ帝国」だが、その出典は2001年に公開されたアニメ映画「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」というタイトルだ。

   主人公の野原しんのすけの両親である、ひろし・みさえの2人をはじめ、「春日部」に住む大人たちが「20世紀博」なるテーマパークに魅了され、子供の頃に楽しんだテレビ番組や玩具などで夢中になってしまう――ということから、物語が始まる。

   20世紀博の詳細を見てみると、「太陽の塔」「ソ連館」「月の石」といった、1970年に開催された「日本万国博覧会」(大阪万博)をモチーフとしているのがありありと分かるテーマパークとなっているほか、作中では「20世紀の匂い」「懐かしい匂い」というフレーズが多用され、1970年頃の日本の風景を再現したアトラクションがテーマパーク内を埋め尽くしているとの演出が続く。

   そのためか、前述の声のほかにも、「オトナ帝国よりは数年古い風景になるけどまあ大体オトナ帝国で20 世紀博」と、西武園ゆうえんちのリニューアル計画を評する声や、「立地も埼玉だしこれは間違いなく20世紀博。大阪では万博やるし、オトナ帝国の逆襲とコラボしてほしい」と、「春日部」と2025年に再び開催が予定されている大阪万博という要素から、西武園ゆうえんちと大阪万博のコラボレーションを期待する声もある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中