2020年 8月 15日 (土)

3月から開幕、Capcom Pro Tour 2020 世界股にかけた公式大会、その全容は

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   『ストリートファイターV』の公式世界大会、「Capcom Pro Tour 2020」が、2020年3月より開幕する。

   昨年までは年間通して予選大会が開催され、大会で好成績を収めると獲得できるグローバルポイント獲得数上位などの条件を満たした選手が決勝大会「Capcom Cup」に出場できる形式となっていたが、今年からは3月~7月、7月~10月の2シーズン制へと変更された。

  • Capcom Pro Tour公式サイトより
    Capcom Pro Tour公式サイトより
  • Capcom Pro Tour公式サイトより

前期・後期の2シーズン制へ

   前期は3月20日から22日にかけてベルギーで開催されるプレミア大会「Brussels Challenge」で開幕し、7月4日・5日にドミニカ共和国で開催される「Game Over 2020」で閉幕となり、上位8名が「Capcom Cup」への出場権を手にする。

   ここで一旦グローバルポイントランキングはリセットされ、後期は7月10日~12日にスペインで開催される「Sonic Boom 2020」で開幕し、10月30・31日にアラブ首長国連邦で開催される「Emirates E-Championship」で閉幕、前期と同様に上位8名が決勝大会へと駒を進める。

   さらに今年から、8月に世界各地で新たなイベント「ワールドウォリアーチャレンジ」が開催されると発表されている。このイベントは昨年まで開催されていた地域イベントをさらに拡大して行われるようで、大会の詳細は不明だが、好成績を挙げた選手22名が「Capcom Cup」への出場権を得るとされている。

   合わせて従来は全32枠だった出場枠が拡大される。「Capcom Pro Tour 2020」前期後期から16枠。「ワールドウォリアーチャレンジ」から22枠。これに前年度優勝者1枠と「Capcom Cup」で開催される最終予選突破者の1枠を加えた40枠が今年の出場選手枠となる。

   昨年の「Capcom Cup」は日本で開催され、アメリカのidom選手が優勝、賞金25万ドル(約3000万円)を獲得している。日本人選手の最高順位はマゴ選手の4位だったが、2020年最初の『ストリートファイターV』大規模大会「Evo Japan 2020」では若手のナウマン選手が優勝するなど、新たな世代が名乗りを上げている。ベテラン勢も同じく「Evo Japan 2020」でsako選手が3位に入賞するなど、まだまだ健在だ。世界をまたにかける大会でどのような戦いが繰り広げられるのか、だれが栄冠をつかみ取るのか。今年も目が離せない。

(eスポーツライター 早川清一朗)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中