2020年 10月 21日 (水)

若林、山本、モタ、OP戦で結果残せず G党「田中俊、重信らにもチャンス与えて」

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

不調の選手をなぜ起用し続ける...

   若林らと対照的に数少ないチャンスで結果を残しているのが、1塁のレギュラー争いをする北村拓己内野手(24)と湯浅大内野手(20)だ。北村は6打数3安打で打率.500をマーク。湯浅は13打数7安打、打率.538と、存在感をみせている。G党からは北村、湯浅に続く若手の台頭を望む声が多くみられ、1軍で結果を残せていない選手との「入れ替え」を熱望する声も。

   現在、田中俊太内野手(26)、重信慎之介外野手(26)、増田陸内野手(19)らが1軍の出場機会をうかがっており、G党からは、若林、山本、モタに代わって、田中、重信らに出場の機会を与えてほしいと、望む声が多くみられる。一方で、指揮官に対して不調の選手をなぜ起用し続けるのかと、フラストレーションを募らせている。

   2塁のレギュラー争いに加えて、今シーズンは1塁のポジションでも若手とベテランによる激しいレギュラー争いが展開されている。リーグ連覇には若手の台頭が必至となる巨人。2軍でくすぶる若手にチャンスの場は提供されるのか。オープン戦残り5試合、指揮官の采配に注目が集まる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中