2020年 9月 29日 (火)

「まゆゆ」豊田真由子にファン急増 コメンテーター転身で活路あり

あのやずやの『にんにくしじみ』が半額に!?

   元衆院議員の豊田真由子さん(45)が、2020年3月12日放送の「バイキング」(フジテレビ系)に出演し、視聴者の間で話題になっている。

   この日、豊田さんは流行が続く新型コロナウイルス問題についてコメンテーターとして出演。本人が衆議院議員になる前の厚労官僚時代に、2009年に発生した新型インフルエンザ問題に対処した経験を買われてのことだ。なお、豊田さんが同番組に出演するのは9日に続き、2回目である。

   なお、豊田さんは17年に「週刊新潮」の報道により、秘書に対して「このハゲー!」「ちーがーうーだーろー!」といった暴言を浴びせていたことが判明し、その後の同年の衆院選で落選。このうち、「ちーがーうーだーろー!」は同年の流行語大賞の候補語(30語)にノミネートされるなど、大きな話題を呼んだことは記憶に新しい。

  • 「ハーバード公衆衛生大学院」公式サイトから
    「ハーバード公衆衛生大学院」公式サイトから
  • 「ハーバード公衆衛生大学院」公式サイトから

殊勝な態度で「どうぞ、今日もよろしくお願いします」

   同番組では、前日の11日に決まった「センバツ高校野球」の中止について討議。コーナー冒頭、「どうぞ、今日もよろしくお願いします」と殊勝な態度で頭を下げた豊田さんは、イベントの中止の判断について、「(イベント)自粛をどこで線引きするかはすごく難しい」と指摘した。

   その上で、自粛の要件として専門家会議が指摘している「換気の悪い密閉空間であること」「たくさんの人が密集すること」「近距離で会話や発声があること」の3要素を上げて、甲子園は密閉空間ではないため、必ず中止にしなければならない状況ではなかったのではないかと述べるも、「ゼロのリスクには出来ない」として、中止はやむを得なかったのではないかとの考えを示した。

   かつての経験を生かしつつ、要点を的確に押さえた解説を他の出席者は熱心に聞いていたほか、ネット上ではツイッター上を中心に、「豊田真由子さん、もともと有能な人なんだから、保健衛生の専門知識を生かして徐々に表舞台に復帰してもらいたいですね。応援しています」といった、豊田さんの解説が的確であったと指摘する声が続々と上がっている。ただ、その一方で、豊田さんの見た目が変わったとする声も、これまた実に多いのである。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中