2020年 4月 2日 (木)

「五輪延期」なら競技日程どうなる? 2021年はイベント目白押し、現実的な落としどころは...

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   カナダのオリンピック委員会は2020年3月22日(日本時間23日)、今夏の東京五輪が予定通りに開催する場合、選手団を派遣しない意向を明らかにした。同委員会は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、大会の1年延期を求めている。

   オーストラリアのオリンピック委員会も大会の延期を求めており、世界中の競技団体からこれに同調する声が広がっていることから東京五輪の延期がいよいよ現実味を帯びてきた。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

「選手たちは2021年の開催に備えるべきだ」

   カナダのオリンピック委員会は、今夏に予定している東京五輪に向けた選手団の派遣について「選手と世界にとって健康や安全以上に重要なことはない」との理由で派遣を断念したと声明を発表。一方のオーストラリアのオリンピック委員会は「選手たちは2021年の開催に備えるべきだ」との声明を発表し、今年の7月に大会が開催されないことは明らかだと指摘している。

   国際オリンピック委員会(IOC)は東京五輪の中止については否定的で、カナダ、オーストラリアのオリンピック委員会も大会の中止ではなく、延期を求めている。米国、欧州の選手、関係者から通常開催を疑問視する声が上がるなか、IOCは大会の延期を視野に入れて準備を進めることを明言し、4週間以内に何らかの結論を出す方向性を打ち出した。

   大会が延期となった場合、試合会場の確保や代表選考問題などを考慮すれば、最長でも2年が限度とみられる。年内の開催も考えられるが、新型コロナウイルスの感染拡大に収束の気配がみられない現在、リスクは大きすぎる。カナダ、オーストラリアのオリンピック委員会が主張するように、大会を1年後に設定した場合はどうだろうか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中