2020年 9月 26日 (土)

「TOKYO2020に、小さくsを付けたら、10年間有効に」 五輪延期にデーブ・スペクターが迷案

たった4問のアンケート回答で全員半額以下!アンケートはこちらから。

   タレントのデーブ・スペクターさんが2020年3月25日、自身のツイッターを更新し、「TOKYO2020に、小さくsを付けたら、10年間有効になります。」とつぶやき話題になっている。

  • デーブ・スペクターさん。TOKYO2020は「TOKYO2020s」に?
    デーブ・スペクターさん。TOKYO2020は「TOKYO2020s」に?
  • デーブ・スペクターさん。TOKYO2020は「TOKYO2020s」に?

「~を付けたら永久有効に」などの書き込みで盛り上がっている

   デーブさんのつぶやきは、「一応、英語出来るので。TOKYO2020に、小さくsを付けたら、10年間有効になります。」というもの。デーブさんの言う通り、「s」がつくと、「2020年代」の意味になる。このツイートは3時間ほどで4万を超える「いいね」、1万を超えるリツイートがされている。

   24日に東京五輪・パラリンピックの延期が発表されたが、「TOKYO2020」の名称はそのまま使うことに。これに対し、デーブさんなりの提言をした模様。デーブさんは大阪~兵庫間の往来自粛の際にも「伊丹空港が大阪と兵庫県を跨いでいるからどうしろと言うんだよね」とつぶやき、話題になっていた。

   このツイートに対し、「~を付けたら、永久有効になります。」「年代を付けたら、10年間有効になります!」「語尾に 知らんけど つければ永久に有効になります」「『TOKYO2020+』ならカッコいいかと!」「小さくwを付けちゃえ TOKYO2020w」などの書き込みで盛り上がっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中