2020年 8月 12日 (水)

せんだみつお「外出自粛しない」 熱弁も娘に叱られ「反省して発言を後悔」

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

「家にいたら、余計体が弱るという年代になってる」

「やっぱり『家にいなさい』っていう風潮もあるんですけども、もうねぇ、息が苦しくなってね。行ったらいいんです」
「やっぱり健康のためです。だから、言ったでは。微熱があったり、悪寒が出るんだったら、出ませんと。その場合は、病院へ行きますと。でも、元気なうちに、足腰も弱いし、みなやっぱり歩くのが一番。それだけですよ。単純に家にいたら、余計体が弱るという年代になってる。それが団塊なんです」

   「直撃LIVE グッディ!」がせんださんにインタビューしたのは、週刊ポスト4月3日号の記事を見たかららしい。

   この記事は、ウェブ版も3月25日に配信されており、せんださんは、アクティブシニア批判に反論したとの内容だ。そこでは、せんださんらの団塊世代は、厳しい競争に晒されて打たれ強く、終戦後に政府への不信感もあるため、自粛しろと言われてもその通りにはしないと説明している。

   こうしたせんださんの主張について、ツイッター上などでは、疑問や批判が多い。

   「でも、今は、非常事態なんですよ」「もし全員が同じ考えで行動すると、人口密度の高い日本でどうなるでしょうか」「自分の事しか考えられない自己中な高齢者が増えてきた」といったものだ。

   もっとも、「確かに、足腰...運動しなければ弱くなるというのもわかる」「人混みでなければ、散歩や歩きながらの花見は良いと思う」とせんださんに賛同する声もあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中