2020年 11月 29日 (日)

増える「転換クロスシート車両」、去る旧国鉄型 JR西日本の発表を読み解く

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!

   JR西日本は2月19日に在来線車両の新製投入を発表した。

   今回の発表では最新車両225系の投入と旧国鉄型通勤電車201系の引退がポイントとなり、転換クロスシート車両の運行本数が増える。今回はコンパクトにJR西日本の在来線車両の新製投入を解説したい。

  • 2010年にデビューした225系
    2010年にデビューした225系
  • 引退が決まった201系
    引退が決まった201系
  • 2010年にデビューした225系
  • 引退が決まった201系

最新車両225系が144両投入

   発表ではJR京都線・JR神戸線(東海道・山陽本線)などへ最新車両225系が144両投入される。

   225系は2010年にデビューし、JR京都線・神戸線の「新快速」や阪和線・関西空港線の「関空快速」で活躍する車両だ。車内は2列+2列の転換クロスシートで、液晶ディスプレイ型の車内旅客案内装置を備える。営業最高速度は時速130kmで、次世代のJR西日本関西圏を牽引(けんいん)する車両だ。投入時期は2020年度から2023年度までとしている。

   225系の投入により、主にJR京都線・JR神戸線の「快速」で活躍する221系は大和路線(関西本線)やおおさか東線に転属となる。221系は1989年にデビューし、JR西日本の近郊型電車のイメージを確立した車両だ。3扉転換クロスシートのレイアウトは今日のJR西日本近郊型電車に引き継がれている。

   221系の転属で引退するのが旧国鉄時代に製造された201系だ。201系は4扉のロングシート車両で、JR東日本では京葉線を最後に2011年に引退している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中