2020年 7月 2日 (木)

HIKAKIN「#うちで過ごそう」動画公開→トレンド1位に 拡散呼びかけた笠井アナも感謝

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   YouTuberのHIKAKINさん(30)が、新型コロナウイルスの感染拡大にともない、「若いみんなへ、ヒカキンより」と題した動画をアップロードした。

   今週末、首都圏などでは「不要不急の外出」を控えるよう、自治体から求められている。そんな中、HIKAKINさんはハッシュタグ「#うちで過ごそう」の拡散を呼びかけ、ツイート数が急増している。

  • HIKAKINさんも呼びかけた
    HIKAKINさんも呼びかけた
  • HIKAKINさんも呼びかけた

「ちょっとした意識の違いで、今後の日本の未来は変わっていく」

   2020年3月28日に投稿された動画では、冒頭で「この動画は、決して不安を煽りたいわけではありません。ただ、いままだ危機感を持っていない、僕の視聴者の若い皆さんに、少しでも今の新型コロナウイルスへの危機感を、この動画を通じて知っていただけたらなと思い撮影しています」と意図を説明した。

   HIKAKINさんは、アメリカでの感染者が10万人を超えたことや、収束の見通しが立たない現状を説明。「一人一人のちょっとした意識の違いで、今後の日本の未来は変わっていくと思う」と、危機感を持って生活するよう呼びかけ、「HIKAKIN流」の気分転換法を紹介した。

   あわせてハッシュタグ「#うちで過ごそう」の拡散も呼びかけている。これは海外での「#StayHome」「#StayHomeFor○○(〜のために家にいます)」運動を受けたものだ。

笠井アナ「若い人たちに、届く可能性がぐんと強まった」

   「#うちで過ごそう」は前日の27日に、悪性リンパ腫で入院中の笠井信輔アナウンサーが「日本でもこうしたことを発信してもいいのかなと思って思い切ってやってみました」とインスタグラムに投稿。28日にはHIKAKINさんのツイートを見たとして、自身のブログで、

「まさに私の望んでいたことです!HIKAKINさんありがとうございます。会ったことありませんけれど(笑)、ここに引用させていただきます」
「HIKAKINさんがTwitterに投稿してくれたと言う事は若い人たちに、届く可能性がぐんと強まったと言うことです」

と、拡散の輪が広がっていることに触れていた。

   これらの呼びかけもあって、「#うちで過ごそう」は28日17時時点で、ツイッターの「日本のトレンド」1位になっている。

(J-CASTニュース編集部 城戸譲)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中