2020年 7月 9日 (木)

5G、各社比較で見えてきたこと 当面は「ベータ版」と思っておいた方が...?

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   NTTドコモ、au(KDDIなど)、ソフトバンクが2020年3月下旬、5G(第5世代移動通信システム)のサービスを相次いで開始した。

   3日連続でほぼ横並びのスタートとなったが、現時点で一歩先を行くのは、どの事業者か。各社を比較してみると、まだ本格サービスとは言えない現状が見えてきた。

  • 全国がエリアになる日は…
    全国がエリアになる日は…
  • 全国がエリアになる日は…

ドコモ「全国150箇所」、au「15都道府県の一部」

   ドコモは、2020年3月25日から、5Gサービスを始めた。スマートフォン7機種からのスタートで、通信速度は当初、下り(受信)3.4Gbps(以下、いずれも最大値)・上り(送信)182Mbpsだが、6月以降は4.1Gbps・480Mbpsになるとしている。エリアは20年3月末に全国150箇所、6月末に全都道府県、21年3月末に全政令指定都市へ広げる計画だ。

   大容量プランの「5Gギガホ」は月額7650円で、従来の「ギガホ」から500円アップされた。また契約から最大6カ月間「5Gギガホ割」として月々1000円引きとなる。利用可能なデータ量は100GB(ギガバイト)だが、当面は「データ量無制限キャンペーン」が行われる。なお5G向けプランには「5Gギガライト」(1GB未満2980円〜7GB未満5980円)もあるが、高速通信でのデータ大量消費が前提の5Gとしては、あまり現実的ではないと考え、以降各社は大容量プランに絞って紹介する。

   ドコモに1日遅れ、3月26日からauの5Gが始まった。対応スマホは7機種。速度は20年3月末ごろが下り2.8Gbps・上り183Mbps、夏以降提供されるソフトウェアアップデート後は4.1Gbps・481Mbps(サムスン「Galaxy S20+ 5G」の場合)となる。エリアは当初、全国15都道府県の一部から提供。21年3月末に約1万局、22年3月末に2万局超まで拡大しようとしている。

   auの大容量プラン「データMAX 5G」は月額8650円。これまでの「auデータMAXプラン Pro」に1000円上乗せした価格設定だ。8月までは加入月から25か月間、毎月1000円引きになる「5Gスタートキャンペーン」が提供される。また、「スマホ応援割II」を適用すると、6か月間1000円が割り引かれる。データ量の上限はないが、テザリングなどの利用は30GB(同プランの場合)に限られる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中