2020年 5月 30日 (土)

「首都圏の皆さんも自宅で過ごして」 長野・佐久市長「コロナ疎開」に苦言ツイート

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   週末に首都圏から「コロナ疎開」してきた人々に対し、長野県佐久市の柳田清二市長がツイッターで苦言を呈して、反響を呼んでいる。

   小池百合子東京都知事らが外出の自粛要請をした趣旨を考えてと、市長は訴えており、ネット上では、様々な意見が出ている。

  • 佐久市の柳田清二市長のツイートが反響
    佐久市の柳田清二市長のツイートが反響
  • 佐久市の柳田清二市長のツイートが反響

「自粛要請の趣旨をもう一度考えて下さい」

   軽井沢のあるスーパーでは、小池知事が自粛要請をした2日後の2020年3月27日の朝、開店を待つ客らの長蛇の列ができていた。

   これは、週末の28、29日も同様の状況だったといい、佐久市の柳田市長は29日、ツイッターでその画像を引用して紹介し、「首都圏にお住まいの皆さまへ」とする呼びかけを行った。

「今週末の首都圏から長野県への人の移動が増えています。出来れば、首都圏の皆さんも自宅で過ごしてもらいたいと思います。蔓延する首都圏から比較的穏やかな長野県で過ごしたいとお考えかもしれませんが、自粛要請の趣旨をもう一度考えて下さい」

   自粛要請の趣旨とは、むやみな移動をせずに自宅に留まってほしいということらしい。

   元の画像の投稿者によると、長野ナンバーは3割ぐらいで多くが首都圏からだったといい、柳田市長も、県外ナンバーがかなり多いとの認識を示した。

   ツイッター上を検索すると、リモートワークで軽井沢に来た、東京都内は閉鎖された施設が多いので長野に疎開した、といった投稿が見られる。実際、地元紙の長野日報は30日、八ヶ岳山麓では感染を回避して空気が澄んでいる別荘地を利用する人が増えていると報じている。

   柳田市長のツイートを受けて、もし自分が感染していたら高齢者に移してしまうと考え、別荘に行かずに都内に留まったとツイッターで明かす人もいた。これに対し、柳田市長は、「そういったご理解を頂けると大変にありがたい」と返していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中