2020年 7月 9日 (木)

「問題児」ネリ、世界2位から一気にランク外 WBAランキングに何が起きた?

印刷
毎日酷使する現代人の目にビルベリー由来アントシアニン!

   ボクシングのWBAは2020年4月1日までに最新の世界ランキングを更新し、元WBC世界バンタム級王者ルイス・ネリ(25)=メキシコ=が世界ランクから除外された。ネリは前回の世界ランキングではスーパーバンタム級2位にランクされたが、最新のランキングではランク外となった。

   ネリは2019年11月に予定されていたWBC世界バンタム級挑戦者決定戦の前日計量で体重を超過し、試合が中止となった。WBCのマウリシオ・スライマン会長の助言により、ネリは階級を1つ上げスーパーバンタム級に転向。WBAは2月更新の最新ランキングでネリをスーパーバンタム級2位とした。

  • WBA公式サイトから
    WBA公式サイトから
  • WBA公式サイトから

3・28の復帰戦は中止へ

   ネリの「復帰戦」は、米ラスベガスで3月28日に予定されていたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて中止となった。この試合は、WBC世界スーパーバンタム級挑戦者決定戦と銘打たれ、WBC世界スーパーバンタム級10位アーロン・アラメダ(メキシコ)と対戦する予定だった。

   アラメダ戦が中止になったことで、ネリの次戦に関する新たなプランが浮上している。海外の複数の専門メディアは、WBC世界スーパーバンタム級挑戦者決定戦として元IBF世界バンタム級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)との対戦の可能性を示唆。昨年11月に中止となった両者の対決が、階級を一つ上げて実現する可能性が出てきた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中