2020年 11月 27日 (金)

「布マスク2枚」製造は首相地元で? ネット憶測も厚労省「山口県の企業が念頭にあるわけではありません」

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

「色々な企業にアプローチを考えている」

   山口県内にあるこの企業の専務は4月2日、安倍首相が配布するとした布マスクの受注について、「国から言われたことはないです」とJ-CASTニュースの取材に答えた。

「お困りでしたら、手伝いたいと思います。しかし、そうすれば、ネットで炎上して、また風評被害に遭います。安倍さんに迷惑もかかりますし、やらない方がいいのかもしれませんので、複雑な気持ちです」

   ネットでの憶測により、企業の公式サイトにアクセスが殺到して、サーバーがパンク状態になり、この日は、少なくとも夕方までサイトにつながりにくい状態が続いた。

「県から発表があった12万枚というのは、当初頼まれた数よりさらに上積みされており、5月末までやるので精いっぱいでした。近隣の工場に聞くと、手伝ってくれるというので、やっと4月末を目標にできたほどですよ」

   厚労省のコロナ対策本部は、布マスクの製造元について、マスク班の担当者が取材にこう説明した。

「まだ決まっておらず、1億枚はこれから生産してもらいます。一例としては、技術のあるシャープや興和などのメーカーを想定しています。色々な企業にアプローチすることを考えており、山口県の企業が念頭にあるわけではありません」

   日本郵政のシステムを使うことについては、「世帯の情報を持っているからです。マイナンバーは使えず、日本郵政しかなかったということです」と説明している。

(J-CASTニュース編集部 野口博之)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中